【ダイの大冒険】登場キャラ強さランキングTOP10

スポンサーリンク

【ダイの大冒険】には魅力的なキャラが多く登場します。

今回は登場キャラの強さをランキングTOP10を形式で紹介したいと思います。

 

 

 

 

登場キャラランキングTOP10

 

第10位 ラーハルト

第10位はバラン直属の竜騎衆の1人ラーハルト

ラーハルト

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

ラーハルトは竜騎将バランに仕える3人の竜使い『竜騎衆』の1人であり魔族の父と人間の母の混血児で槍術の達人。

ラーハルトは圧倒的なスピードを誇り、ヒュンケルを一方的に追い込むほどの力を持っていたが、グランドクルスによって敗れてしまった。

得意のハーケンディストールはオリハルコン製の敵も一瞬で粉砕するほどの威力を持っている。

基本的にはバランの息子ダイの味方で、最終決戦前のヒュンケルたちのピンチには駆け付けた。

 

 

第9位 ヒュンケル

第9位はダイたちの頼れる兄弟子ヒュンケル

ヒュンケル

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

アバンの使徒の一人であり、同時に魔王軍ミストバーンにも暗黒闘気を学んだことで、一時は魔王軍に所属していたが、ダイたちと出会い正義の心を取り戻した。

ダイたちのピンチに駆け付けては不死身のような強さを発揮する。

最初は『鎧の魔剣』を使用していたが、ラーハルトから託された『鎧の魔槍』を振るうようになり、アバン流槍殺法に励みこれを習得したが、やはり剣の才能の方が高いようであった。

 

 

第8位 ロン・ベルク

第8位は魔界の名工ロン・ベルク

ロン・ベルク

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

【魔界の名工】と呼ばれる武器職人であると同時に超一流の剣の使い手。

ヒュンケルとダイを同時に相手してなお、軽くいなす程の実力者であり、「星皇剣」による縦横同時に二刀を振るい敵を十字に切り裂く『星皇十字剣』の威力は絶大で、ザホエラの超魔ゾンビを見事撃破した。

ただし、威力が高すぎるため、代償として両腕に深いダメージをおってしまう。

 

 

第7位 ポップ

第7位はダイの仲間ポップ。

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

作中でも圧倒的な人気を誇るキャラの1人であるポップ。

物語序盤はヘタレキャラであったが、徐々に強くかっこよくなっていくポップはもう1人の主人公と言われる程の成長を見せます。

フィンガー・フレア・ボムズやベタン、メドローアが扱えたり、バーンのカイザーフェニックスを無効化させたりなど、終盤ではトップクラスの実力者となった。

 

 

第6位 ハドラー(超魔生物)

第6位は魔軍司令ハドラー

超魔生物ハドラー

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

アバンやアバンの使徒であるダイたちに対し、激しい執着を見せます。

物語序盤では、小物臭が凄まじく噛ませ犬のような情けないキャラであったが、徐々に正義にも目覚めており、最後はバーンに裏切られ最後はポップを助ける形で死亡するなど敵にしておくのが勿体ないキャラでした。

 

 

第5位 ミストバーン

第5位は大魔王バーンの側近であるミストバーン。

ベールを脱いだ真の姿

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

厳密にいえば強いのはバーンの肉体であるが、闇の衣を脱いた状態では作中でも最強クラスのポップのメドローアをはじき返したり、肉弾戦最強クラスのヒムとラーハルトの攻撃でもビクともしない圧倒的な力を持っている。

 

 

第4位 冥竜王ヴェルザー

第4位は冥竜王ヴェルザー

冥竜王ヴェルザー

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

魔界においてその勢力をバーンと二分する力を持った竜族の王。

数百年前に雷竜ボリクスとの死闘を制した事で【冥竜王】の称号を得て、魔界に君臨していたが、竜の騎士バランに敗れ封印されることになった。

作中では、戦闘シーンがないため、未知数なところもあるがバーンのライバルであった点からも相当な実力の持ち主であることが伺える。

 

 

第3位 バラン(竜魔人化)

第3位はダイの父親であり、正当な竜の騎士バラン。

竜魔人バラン

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

大魔王バーンのライバルとも言われる、冥竜王ヴェルザーをも倒した竜・魔族・人の3つの力を持つ正当な竜の騎士。

人間に妻ソアラが殺されてしまい、人間に対する失望から魔王軍に属するようになる。

超魔生物となったハドラーにすら圧倒する程の戦闘力で、その底知れぬ戦闘力は大魔王バーンにも劣らない次元にあると思われます。

最後は黒の結晶からダイを庇い、竜の騎士の力を継承するなど人間としての心も十分に持ち合わせていた。

 

 

第2位 新・大魔王バーン

第2位は物語のラスボスの大魔王バーン。

大魔王バーン

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

ミストバーンに預けていた自身の肉体を戻した、完全体のバーン。

攻撃・防御・魔力全てが突出しており、絶望的な程の圧倒的な力で技も『天地魔闘の構え』や『カラミティーウォール』、『カラミティーエンド』、『カイザーフェニックス』などバリエーション豊かでした。

また、竜魔人化したダイに追い込まれ、第3の眼『鬼眼』の力を全開放した形態『鬼眼王バーン』となりさらに強力になりました。

 

 

第1位 ダイ(竜魔人化)

第1位は物語の主人公ダイ。

竜魔人ダイ

©監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司/集英社

 

1位にランクインしたダイは正確には竜魔人バージョンである。

物語最強の敵、大魔王バーンに対し1人で勝利を挙げたダイ。

また、ダイのあまりの強さに対しバーンは『ば・・・化物・・・めと恐れる程圧倒的な強さを誇り、ダイ自身もバーンのセリフに対し『その通りだバーン・・・お前以上のな!』と自分自身のうちに秘める竜の騎士の力を自覚していた。

 

まとめ

ダイの大冒険のキャラの強さランキングのトップ10を紹介しました。

他にも敵、味方問わずに強力なキャラも控えていますが、ここでは10位までとさせていただきました。


スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました