コマンドプロンプトのコマンド一覧|知っていると便利なコマンドプロンプト

インターネット
スポンサーリンク

コマンドプロンプトとは、コマンドと呼ばれる命令文を用いてWindowsの操作や設定をおこなうためのツールです。

真っ黒い画面にアルファベット文字を入力すると様々な設定などが出来る、あの黒い画面がコマンドプロンプトの入力画面です。

 

コマンドプロンプト

コマンドプロンプトは、Windowsに搭載されているツールで「キーボードだけで操作する画面インタフェース」CUI(Character User Interface)のことを言います。

コマンドプロンプトでは、全てをキーボードで「コマンド」と呼ばれる命令を入力することによって操作や設定を行います。

そのため、マウスなどを使用することは無く、全てキーボードでの操作に

普段パソコンなどで、ファイルのコピーをしたり削除したり、Windowsのバージョンを確認出来たり、ネットワークの管理等など通常では表面化しない部分の確認が出来るため、保守や管理がしやすくなるメリットがあります。

そこでこの記事では、知っていると便利なコマンド一覧を記載します。

 

コマンドプロンプトの起動方法

スポンサーリンク

スタートメニューの【ファイル名を指定して実行】を選択し、【cmd】と入力する。

ファイル名を指定して実行

 

コマンドプロンプトが起動すると以下のような真っ黒な画面が起動します。

コマンドプロンプト画面

 

この画面から様々な設定や管理が行えるようになるため、知っていると非常に便利なツールとなります。

 

オプション

コマンドプロンプトの操作をオプションからカスタマイズすることが可能です。

コマンドプロンプト画面を表示させた後、左上のcmdマークをクリックし、【プロパティ】を押下する。

コマンドプロンプト

オプションメニューは以下の通り

オプション

cmdメニュー1

【カーソルのサイズ】

コマンドプロンプト上で表示されているカーソルの大きさを、大中小から選択することが可能です。

 

【コマンドの履歴】

バッファーサイズとバッファー数と重複する古い履歴を破棄する設定が可能です。

バッファーサイズでは履歴をどれくらい保存するか設定できます。

バッファー数はプロセスごとの保存数を設定できます。

フォント

cmdメニュー2

【サイズ(S)】

ウィンドプレビューの画面サイズの変更が可能です。

 

【フォント】

文字フォントの変更が可能です。

 

レイアウト

cmdメニュー3

【画面バッファーのサイズ】

画面全体としてのサイズを指定できます。

 

【ウィンドウのサイズ】

ウィンドウのサイズの細かな調整が可能です。

 

【ウィンドウの位置】

コマンドプロンプト起動時に出てくるウィンドウの位置を指定できます。

 

画面の色

cmdメニュー4

ここでは文字色画面の背景色ポップアップの文字色ポップアップの背景色の変更が可能です。

自分が見やす色合いに変更が可能なので自分流にアレンジしてみてもいいでしょう。

 

 

コマンドプロンプトコマンド一覧

それでは、便利なコマンドプロンプトのコマンドを一部紹介します。

ネットワーク系

ネットワークの管理や設定が可能で、使用頻度としてはこの系統のコマンドが多いのではないでしょうか?

また知っておくとネットワークトラブルの際に意外と便利です。

arp

IPアドレス、MACアドレスの状況確認と変更

arpコマンドはarpテーブルを管理するためのコマンド。コマンドプロンプト上で「arp -a」を実行すると、現在のARPテーブルの内容が表示される。

【arp】と入力

入力後にメニューが表示されます。

【arp -a】が一般的

 

ipconfig

ネットワークの設定確認

ipconfigとは、Windowsコマンドプロンプト上で動作するTCP/IPの設定などを確認できるコマンド

【ipconfig】と入力

 

コマンドプロンプト【ipコンフィグ】でネットワーク設定を確認する方法
コマンドプロンプトでネットワークの設定を確認する方法があります。 そのコマンドは【ipconfig】 例えば...

 

 

getmac

MACアドレスの表示

コンピュータのMACアドレスを確認できるコマンド。権限があればリモートマシンのMACアドレスを調べることも可能。

【getmac】と入力

 

コマンドプロンプト【getmac】でMACアドレスを確認する方法
コマンドプロンプトでコンピュータのMACアドレスを確認する方法があります。 そのコマンドは【getmac】 ...

 

nbtstat

ネットワークの接続状況確認

NBT 『※NetBIOS over TCP/IPの略』を使用して、プロトコルの統計と TCP/IP ネットワ ーク接続を表示することが出来るコマンド。

【nbtstat】と入力

入力後にメニューが表示されます。

 

コマンドプロンプト【nbtstat】でプロトコルの統計とネットワーク接続確認
コマンドプロンプトでプロトコルの統計とTCP/IPネットワークの接続の確認が出来ます。 そのコマンドは【nbtst...

 

netstat

TCP/IP通信の状況確認

ネットワーク通信の状況を確認できるコマンド。現在実行しているTCP/IP、UDP、ICMPなど各プロトコルの接続状況一覧やステータスなどを確認できる。

【netstat】と入力

停止するにはCTRLキー+C

 

コマンドプロンプト【net stat】でネットワーク接続状況を確認する
コマンドプロンプトでネットワークの接続状況を確認することが可能です。 そのコマンドは【netatat】 ne...

 

nslookup

DNSサーバー問い合わせ

DNSサーバに名前解決の問い合わせを行うコマンド。対話型と非対話型の2つのモードがある。

【nslookup】と入力

 

コマンドプロンプト【nslookup】でDSNサーバーへの問い合わせ
コマンドプロンプトでDNSサーバーのトラブルの際に確認できるコマンドがあります。 そのコマンドが【nslookup...

 

ping

ネットワークの疎通確認

ICMP『Internet Control Message Protocolの略』を使用してIPパケットが正常に到達しているかを確認するコマンド。IPでの接続が正常かどうかを確認することが可能。

【ping IPアドレス入力】と入力

 

コマンドプロンプト【ping】でIP通信の疎通状況を確認
コマンドプロンプトでIPパケットの通信が正常に相手先へ届いているかの確認が出来ます。 そのコマンドは【ping】 ...

 

tracert

ネットワークの経路確認

インターネット制御メッセージプロトコルの要求メッセージを使用して、TTL『Time To Liveの略』を増加させ、宛て先へのルートを特定することができるコマンド。

【tracert】と入力

 

コマンドプロンプト【tracert】でネットワーク経路を調べる
コマンドプロンプトでネットワークの経由を調べることが出来ます。 そのコマンドは【tracert】 tra...

 

 

ファイル・ディレクトリ系

ファイルのコピーや削除なやファイルディレクトリ作成、削除などが可能です。

attrib

ファイルの属性表示と設定

ファイルの属性を設定または解除することが出来るコマンド。

【attrib】と入力

cd/ chdir

ディレクトリの移動、カレントディレクトリの表示

ディレクトリを移動するコマンド。

ディレクトリはのパスは絶対と相対どちらでも指定できる。

【cd】と入力

 

copy

ファイルのコピー

ファイルをコピーするコマンド複数のファイルを1つのファイルに結合も可能で複数のファイルをコピーする場合は[source file]として複数のファイルを指定する必要があります。

【copy】と入力

 

del

ファイルの削除

指定したファイルを削除するコマンド。ディレクトリを指定した場合は、ディレクトリ内全てのファイルが削除される。

【del】と入力

 

dir

ファイル、ディレクトリの一覧表示

ファイルやディレクトリの情報を表示させるコマンド。

【dir】と入力

 

mkdir

ディレクトリの作成

ディレクトリを作成するコマンド。

【mkdir】と入力

 

move

ファイルやディレクトリの移動、名称変更

ファイルを移動するコマンド。ファイル前の変更にすることも可能。

【move】と入力

 

rmdir

ディレクトリの削除

ディレクトリを削除する。ディレクトリは絶対・相対どちらのパスでも指定可能。

【rmdir】と入力

 

rename

ファイル名、ディレクトリ名の変更

ファイル名やディレクトリ名を変更できる。変更前のファイル・ディレクトリ名と、変更後のファイル・ディレクトリ名を指定して利用する。

【rename】と入力

 

tree

ディレクトリ構造のツリー形式表示

ディレクトリ構造のドライブやパスのフォルダ構造を図式表示するコマンド。

【tree】と入力

 

where

ファイルの検索

検索パターンに一致するファイルの場所を確認できるコマンド。

【where】と入力

 

 

情報表示・設定系

様々な情報の表示や設定変更が可能なコマンド集

date

日付の表示、設定

パソコンに設定している日付(年月日)表示または変更するコマンド。

【date】と入力

 

help

コマンドのヘルプ表示

各コマンドのヘルプを表示する。

【help】と入力

 

time

時刻表示と設定

パソコンに設定している時刻の表示または変更するコマンド。

【time】と入力

 

vol

ボリュームラベルとシリアル番号の表示

ディスクのボリュームラベルやシリアルナンバーを表示させるコマンド。

【vol】と入力

 

ver

Windowsのバージョン表示

Windowsのバージョン情報やOSの種類、バージョン、ビルド番号を表示させるコマンド。

【ver】と入力

 

whoami

ログイン中ユーザーの情報表示

ログインしているユーザーアカウントの情報を表示させるコマンド。

【whoami】と入力

 

 

テキスト系

テキストファイルの表示や比較が出来るコマンド

comp

ファイルの比較

2つのファイルをバイナリベースで比較するコマンド。

比較するファイルはサイズが同一である必要がある。またテキストファイルも比較可能だが、バイナリベースでの比較になるので注意。

【comp】と入力

 

fc

2つのファイルの相違点表示

2つのファイルを比較して相違点を表示するコマンド

行単位でテキストファイルを比較するのに使用する。

【fc】と入力

 

find

ファイルの中から文字列の検索

ファイルの中からテキスト文字列を検索するコマンド。

【find】と入力

 

more

テキストの内容を1画面ごとに表示

コマンドプロンプトの1画面ごとにファイルの内容を表示するコマンド

【more】と入力

 

type

テキストファイルの中身表示

テキストファイルなどの内容を画面表示するコマンド。

【type】と入力

 

sort

テキストファイルのソート表示

行単位でデータを並べ替えることが出来るコマンド。

【sort】と入力

 

 

ユーティリティー系

知っていると便利なコマンド集

chcp

コンソールの文字コード表示と設定

文字の表示や入出力などで利用する文字コードを変更するコマンド。

【chcp】と入力

 

clip

コマンド、ファイルの内容をクリップボードにコピー

コマンドプロンプト中にクリップボードとデータをやりとりするためのコマンド。

【clip】と入力

 

cls

コンソールのクリア

コマンドプロンプト上の内容をすべて消去するコマンド。

※入力履歴は保持されたまま。

【cls】と入力

 

prompt

プロンプトの変更

コマンドプロンプトウィンドウのプロンプト部分に表示させる要素を設定するコマンド。

【prompt】と入力

 

shutdown

コンピューターのシャットダウン(終了)、再起動、ログオフなどを実行する。リモート操作することもできる。

【shutdown】と入力

 

コマンドプロンプト【shutdown】でコンピュータのシャッタダウンを行う
コマンドプロンプトでコンピューターのシャットダウン(終了)、再起動、ログオフなどを実行する事が可能です。 そのコマ...

 

まとめ

簡単なコマンドだけですが、それだけでもこれだけのコマンドがあります。

なんでも出来る代わりに失敗すると、とんでもないことになるので、扱う際は十分注意して操作するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました