知っていると超便利!Wordのショートカットキーを紹介

スポンサーリンク

文章作成に便利な『Word』

パソコンの作業が速い人は作業するなかで、あまりマウスを使わずにキーボード操作で様々な操作をしているのを目にしたことがあるかもしれません。

マウスでいちいちカーソルを合わせてクリックを使ってという作業が実はキーボードでも操作が可能なんです。

この記事ではWordでのショートカットキーについて紹介していきますので、日々の業務などに役立ててもらえれば幸いです。

 

 

単体キー

キー単独での操作になります。

かな入力の切り替えやNumLockなどはパソコン初心者がよく躓きやすいポイントではないでしょうか?

キー  効果
Insert 文字入力を上書き入力モードに変換します
CapsLock 英数字のみの入力に切り替えます
NumLock テンキーのオン、オフを切り換えます。

テンキーを数字入力ではなく、カーソルキーなど別の用途に切り替る

カナ/かな/ローマ字 ローマ字入力とかな入力を切り替えます
変換 入力確定後、再度変換する事が可能
無変換 カタカナを全角⇔半角に切り替え

 

F1 【ヘルプ】作業ウィンドウを表示
F6 作業ウィンドウ→ワークシート→ズームコントロール→リボン間を切り替え
F7 スペルチェックと文章校正
F8 「選択範囲の拡張」モードにする
F9 閲覧モードで文書の先頭に移動
F10 閲覧モードで文書の末尾に移動
F12 【名前を付けて保存】ダイアログボックスを表示

 

Ctrlキー組み合わせ

マウス操作を極力減らして作業効率を向上させたいのならCtrlキーの組み合わせは覚えておくべき!

リスト内からよく使用するショートカットキーを覚えておくと作業効率が上がります。

コピー/貼り付け/削除

CtrlC 選択部分をコピー
Ctrl+ V 切り取りもしくはコピーを貼り付け
CtrlX 作業中の文章を切り取り
Ctrl+ Shift+ C 文字や段落から書式をコピーする
Ctrl+ Shift+ V コピーした書式を貼り付ける
CtrlBackSpace カーソルの左側の1単語を削除する
CtrlDelete カーソルの右側の1単語を削除する

フォントサイズ/書式設定の変更

Ctrl+ Shift フォントサイズを小さくする
CtrlShift フォントサイズを大きくする
Ctrl フォントサイズは1つ大きくする
Ctrl フォントサイズは1つ小さくする
Crtl+   文字を1ポイント拡大、縮小する
Ctrl+ B 太字に設定する
Ctrl+ I 斜体に設定する
Ctrl+ ShiftA 選択した英字を大文字にする
Ctrl+ U 下線を引く
Ctrl+ Shift+ D 二重下線を引く
Ctrl+ Shift 下付き文字を適用します
Ctrl+ Shift+ 上付き文字を適用します
Ctrl+ ShiftW 選択した単語に下線を引く
Ctrl+ ShiftH 隠し文字書式を表示
CtrlShiftK 選択した英字を小型英大文字に設定します
Ctrl+ Shift+  上付き文字にする
Ctrl+ Shift+  下付き文字にする
Ctrl+ E 文字を中央揃えにする
Ctrl+ R 文字を右揃えにする
Ctrl+ L 文字を左揃えにする
Ctrl+ J 文字を両端揃えにする
Ctrl+ Shift+ J 文字を均等割り付けする
Ctrl+ Space 設定した文字書式を解除する

移動/選択範囲

Ctrl  前後の段落に移動する
Ctrl  1単語分左右に移動
CtrlHome 文書の先頭に移動
CtrlEnd 文書の末尾に移動
CtrlPageUp PageDown 前後のページの先頭に移動する
Ctrl+ G 特定のページに移動する
CtrlShift 段落の先頭まで選択範囲を拡張する
CtrlShift 段落の末尾まで選択範囲を拡張する
CtrlShift 単語の先頭まで選択範囲を拡張する
CtrlShift 単語の末尾まで選択範囲を拡張する
CtrlShiftHome 文書の先頭まで選択範囲を拡張する
CtrlShiftEnd 文書の末尾まで選択範囲を拡張する
CtrlAlt + ShiftPageDown ウィンドウの末尾まで選択範囲を拡張する
CtrlA 全てを選択する

記号入力

Ctrl+ Enter 改ページ記号を入力する
CtrlAltC 著作権記号を入力する
CtrlAltR 登録商標記号を入力する
CtrlAltT 商標記号を入力する
CtrlAlt. 省力記号を入力する

行間の設定

Ctrl25 行間を広げる
Ctrl1 行間を1行に設定
Ctrl2 行間を2行に設定
Ctrl5 行間を1.5行に設定

元に戻す/先に進む

CtrlZ 直前のコマンドを元に戻す
CtrlY 直前のコマンドを繰り返す

その他役立ち

CtrlAlt +5 + Tab テキストボックス、画像などのフローティングシェイプを切り替える
CtrlShiftF7 Wordのリンク元情報の更新
CtrlShiftF8 文字を矩形選択モードで選択する
CtrlShiftF9 フィードのリンクを解除
Ctrl+ D 【フォント】ダイアログボックスを開く
CtrlShiftSpace 改行スペースを挿入
CtrlShiftQ 選択した範囲をSymbolフォントへ変更
CtrlShiftL 箇条書きに設定する
Ctrl0 段落前に間隔を追加する
CtrlM 左インデントを設定する
CtrlShiftM 左インデントを削除する
CtrlN 文書を新規作成
CtrlT ぶら下げインデントを設定する
CtrlShiftT ぶら下げインデントを段階的に解除
CtrlShiftE 変更履歴の記録のオンとオフ切り替え
CtrlQ 設定した段落書式を解除する
CtrlAltO アウトライン表示に切り替える
CtrlAltN 下書き表示へ切り替え
CtrlAltP 印刷レイアウト表示へ切り替え
CtrlAltI 印刷プレビューへ切り替え
CtrlAltF 脚注を挿入
CtrlAltD 文末脚注を挿入
CtrlAltL LISTNUMフィールドを挿入
CtrlShift  段落のアウトラインレベルを変更する
CtrlAlt123 見出しスタイルを設定する
CtrlAltZ 最後に編集した4か所間で表示を切り替える
CtrlShiftN 標準スタイルを適用する
CtrlShiftG 文書内の文字数や行数を表示する
CtrlF 文書内を検索する
CtrlH 置換を実行する
CtrlF4 ウィンドウを閉じる
CtrlShiftF6 前のウィンドウに移動
CtrlAltF1 Microsoftのシステム情報を表示
CtrlEnter 改ページを挿入します
CtrlPageDown 次ページの先頭に移動
CtrlUP 前ページの先頭に移動
CtrlS 作業中のファイルを上書き保存する
CtrlW 作業中のファイルを閉じる
CtrlP 文書を印刷します
CtrlShiftEnter 段区切りを挿入
CtrlK 【ハイパーリンクの挿入】ダイアログボックスを開く
CtrlF1 リボンを展開と折りたたみを切り替え
CtrlF3 切り取った内容をスパイクに登録
CtrlShiftF3 スパイクの内容を貼り付け
CtrlTab アウトライン表示でタブ文字を挿入
Ctrl 任意指定のハイフンを挿入
CtrlF9 空のフィールドを挿入
CtrlAltK オートフォーマットを開始
CtrlAlt 【見出し1】スタイルの設定
CtrlAlt 【見出し2】スタイルの設定
CtrlAlt 【見出し3】スタイルの設定
CtrlShiftS 【スタイルの適用】ウィンドウを開く
CtrlAltShiftS 【スタイル】ウィンドウを開く
CtrlF11 フィールドをロック
CtrlShiftF11 フィールドをロックの解除
CtrlF12 【ファイルを開く】ダイアログボックスを開く

 

Altキー組み合わせ

Altキーを押すことによりタブの一覧を操作することが可能になります。

Altキーを押すことでタブ内にアルファベットが表示されるため、任意のキーでマウス無しで操作が可能となります。

Alt タブの一覧に移動
Altカタカナひらがなローマ字 ローマ字入力とかな入力の切り替え
AltF1 次のフィールドへ移動
AltF3 【新しい文書のパーツを作成】ダイアログボックスを表示
AltF4 Wordを終了する
AltF5 プログラムウィンドを元のサイズに戻す
AltF6 ダイアログボックスを開いたまま文書を切り替える
AltF7 スペルミス、文法ミスを検索
AltF8 マクロの実行
AltF9 全てのフィールドコードと実行結果の表示を切り替え
AltF10 【選択】ウィンドウを表示
Alt Webコンテンツ操作で1ページ進む
Alt Webコンテンツ操作で1ページ戻る
AltH 【ホーム】タブを開く
AltN 【挿入】タブを開く
AltG 【デザイン】タブを開く
AltP 【レイアウト】タブを開く
AltS 【参照資料】タブを開く
AltM 【差し込み文書】タブを開く
AltR 【校閲】タブを開く
AltW 【表示】タブを開く
AltShiftD 日付を入力する
AltShiftT 現在時刻を入力する
AltShiftP PAGEフィールドを挿入
AltShiftT TIMEフィールドを挿入
AltShiftI 【引用文の登録 】ダイアログボックスを表示
AltShiftX 【索引登録 】ダイアログボックスを表示
AltHF F フォントを変更する
AltShiftEnd or Home 表の行を選択する
AltShiftPageDown  or PageUp 表の列を選択する
Alt↑↓←→ リボンのアクティブタブを選択した後、上下左右に移動
AltTab リボン上のコマンドに移動
Alt+ Shift↑↓ 段落を上下に入れ替える
Alt+ Shift←→ 段落レベルを上下に切り替える
Alt+ Shift 数式プレースホルダ―を挿入

 

Shiftキー組み合わせ

Ctrlキー同様に組み合わせる事で作業効率をアップさせることが可能です。

ShiftCapsLock 大文字の英字入力切替
ShiftTab リボン上の各コマンドを左へ移動
Shift↑↓ 上下へ選択範囲を拡大
Shift←→ 左右へ選択範囲を拡大
ShiftF1 【書式の詳細】作業ウィンドウの表示
ShiftF3 文字の大文字/小文字または混在を変更
ShiftF4 【検索】または【ジャンプ】の動作を繰り返す
ShiftF5 前回の終了位置へ移動
ShiftF7 【類義語】(【校閲】タブ、【文章校正】グループ)を選択
ShiftF8 選択範囲のサイズを縮小
ShiftF10 選択した項目のショートカットメニューを表示
ShiftF11 前のフィールドへ移動
ShiftEnter 改行を挿入
ShiftHome 行の先頭まで選択範囲拡大
ShiftEnd 行の末まで選択範囲拡大
ShiftPageUp 1画面上まで選択範囲拡大
ShiftPageDown 1画面下まで選択範囲拡大
ShiftAltEnd 行内の最初のセルで左端から右端まで選択
ShiftAltHome 行内の最後のセルで右端から左端まで選択
ShiftAltPageUp 列の末尾から先頭まで選択
ShiftAltPageDown 列の先頭から末尾まで選択

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました