Excelで知っておくべきショートカットキー!作業効率が格段に上がるワザを紹介

スポンサーリンク

事務処理などで欠かすことが出来ないExcel。様々な業務において使用される代表的なオフィスソフトですが、奥は深くて使用方法や操作方法も様々で、使用者によってその使い方も異なってきます。

下の図がExcelシートの画面になりますが、上の方のメニューも非常に多く全てを使いこなすにはかなりの知識が必要になってくるでしょう。

 

Excelシート

 

この記事では、そんなExcelにおいて作業効率が格段に上がる方法があります。

それがショートカットキーです。

ショートカットキーはパソコンのキーボード操作によって様々なメニューを開いたり、コマンドを指示したりすることが可能で、マウス操作がほとんどいらなくなってきます。

 

マウスでカーソルを合わせてしたい操作を選ぶというアクションが減ることで、作業の効率がグンと上がるという訳です。

ショートカットキーも組み合わせなどによってかなりの数になってきます。

なのでここでは、よく使用しそうなショートカットキーを紹介しますので、よく使用するようなコマンドについて参考にしてもらえたらと思います。

Excelのショートカットキー一覧

この記事では、用途別でショートカットキーを分けていますので、目的に応じたショートカットキーを身に着けてみて下さい。

基本操作系

基本的な操作を切り替えるキーになります。

文字の入力方法や、よく初心者が陥る【NumLock】など基本的な操作になります。

キー 効果
Insert 文字入力を上書き入力モードに変換します
CapsLock 英数字のみの入力に切り替えます
NumLock テンキーのオン、オフを切り換えます。
テンキーを数字入力ではなく、カーソルキーなど別の用途に切り替る
カナ/かな/ローマ字 ローマ字入力とかな入力を切り替えます
変換 入力確定後、再度変換する事が可能
無変換 カタカナを全角⇔半角に切り替え

 

操作系全般

操作系全般のキーになります。

ダイヤログボックスを開いたり、Excelのセルの結合やExcelの終了など操作系に関する全般です。

キー 効果
ESC 1.開いているメニューやダイアログボックス、メッセージウィンドウを閉じる
2.全画面表示モードになっている場合はモードを閉じる
3.フローティングシェイプのナビを終了し、標準ナビへ戻る
Enter 【OK】などのコマンドボタンの実行
F1 【ヘルプ】作業ウィンドウを表示
F2 セル内のデータを編集する
F3 セル範囲の名前を入力する
F7 スペルチェック
ShiftF7 類義語辞典を開く
ShiftF10 右クリックメニューを表示
AltSpace コントロールメニューを表示
CtrlF3 【名前の貼り付け】ダイアログボックスを表示
CtrlF8 ブックウィンドウが最大化されていない場合はサイズコマンドが実行される
CtrlF10 アクティブなブックウィンドウを最大化または元に戻す
Ctrl+ Shift+ L フィルターを設定する
Alt→ V→ U 全画面表示モードへ切り替え
AltShiftF10 【エラーチェック】ボタンのメニューまたはメッセージを表示
CtrlO 【開く】ダイアログボックスを表示
CtrlAlt + 5Tab テキストボックスや図形などのフローティングシェイプを切り替え
CtrlTab ダイアログボックス表示時に、次のタブに切り替え
CtrlShift + Tab ダイアログボックス表示時に、前のタブに切り替え
CtrlQ クイック分析を使う
CtrlShiftF3 選択範囲の名前を作成する
Alt→ MMD 参照で使用する名前を定義する
CtrlY 直前の操作を繰り返す
CtrlZ 直前の操作を元に戻す
F12 【名前を付けて保存】ダイアログボックスを表示
CtrlS 作業中のファイルを上書き保存
AltF4 Excelを終了する
CtrlW アクティブなウィンドウを閉じる
AltHMC セルを結合
Alt+ Shift+  行、列をグループ化
Alt+ Shift 行、列をグループ化の解除
Alt+  同じ列のデータをリストから入力する
AltF1 グラフを作成する
F11 選択範囲のデータでグラフを作成し、別のグラフシートへ表示
Alt 図形を左回転させます
Alt 図形を右回転させます
CtrlH 【置換】ダイアログボックスを表示
Ctrlマウスホイール 画面の拡大、縮小

 

コピー/削除/切取/貼付

コピーや貼付などのキーになります。

コピー、切取、貼付などは頻繁に使用するコマンドであるため、覚えておくと便利なショートカットキーです。

キー 効果
CtrlX 選択されたセルを切り取る
AltEM シートをコピーする
CtrlC 選択中のセルをコピー
CtrlD 上のセルのデータをコピーする
CtrlR 左のセルのデータをコピーする
CtrlShift  テキストボックス内のフォントサイズの拡大、縮小
CtrlShift セルを挿入する
CtrlK 【ハイパーリンクを挿入】ダイアログボックスを表示
ESC セルまたは数式バーの入力の取り消し
BackSpace 1.カーソルの左側の文字を削除
2.選択したテキストの削除
3.アクティブセルの削除
Delete 1.カーソルの右側の文字を削除
2.選択したテキストの削除
3.セルの書式やコメントを維持し内容を削除
Ctrl+ Delete 行の末尾までテキストを削除
Ctrl セルを削除する
PrintScreen 画面のスクリーンショットを撮る
CtrlAlt + V 【形式を選択して貼り付け】ダイアログボックスを表示
CtrlV 切り取りもしくはコピーを貼り付け
CtrlVCtrlF 数式の貼り付け
CtrlVCtrlR 書式設定を貼り付け

 

ブック(ウィンドウ)操作

Excelのブック(ウィンドウ)操作全般です。

開いているExcelを最小化・最大化させたり、別の開いているExcelへの移動などが操作可能になります。

キー 効果
CtrlF5 アクティブなウィンドウを元のサイズ(縮小)に戻す
CtrlF6 次のブック(Excel)ウィンドウへ移動
CtrlF7 ブックウィンドウが最大化されていない場合は【移動】コマンドが実行
CtrlF9 アクティブなウィンドウが最小化
CtrlF10 ウィンドウを最大化
CtrlN 新しい空白のブックを作成

 

シート操作

Excelのシート(ページ)操作になります。

シート間の移動やシートの追加や名前変更などの操作が可能となります。

キー 効果
F6 作業ウィンドウ→ワークシート→ズームコントロール→リボン間を切り替え
ShiftF6 作業ウィンドウ→ワークシート→ズームコントロール→リボン間を切り替え
Shift+ F11 ワークシートを追加する
Ctrl+ PageUp ワークシートを左から右へ移動
CtrlPageDown ワークシートを右から左へ移動
CtrlShiftPageUp ブック内の現在のシートと左のシートを選択
CtrlShiftPageDown ブック内の現在のシートと右のシートを選択
Alt→ H→ O→ R ワークシートの名前を変更する
Alt→ H→ D→ S ワークシートを削除する

 

移動系

移動系のキーになります。

Excel内の移動といっても、セルの移動や、シートの移動、画面の移動など種類が多岐に渡ります。

マウス操作無しでの操作系になるため、覚えておくと便利かもしれません。

キー 効果
セルの移動
ScrollLock + スクロールバーを動かす
マウスホイール 上下にスクロールバーを動かす
Home ワークシートの最初の行に移動
AltPageUp シートを左に移動する
AltPageDown シートを右に移動する
PageUp 1画面上に移動する
PageDown 1画面下に移動する
Ctrl 表の端のセルに移動する
Tab 1.右のセルへ移動
2.ダイアログボックスで、次のオプショングループへ移動
ShiftTab 左のセルへ移動
Ctrl+ Home セルA1に移動する
F5 【ジャンプ】ダイアログボックスを表示
Home + ScrollLock スクロールロックがONの場合、左上隅のセルへ移動
Ctrl+ End 1.表の最後のセルに移動する
2.数式バーでテキストの末尾にカーソルを移動
Enter 1.選択範囲内で上から下へ移動
2.データフォームの次のレコードの最初のフィールドへ移動
3.選択したメニューを開く
Shift+ Enter 範囲内を下から上へ移動
Ctrl 選択範囲の次の隅に移動
ShiftEnter セルの入力した値を確定して上のセルへ移動

 

選択

選択系のキー操作になります。

例えばExcelシート内の列を選択したり、表を選択したり、選択範囲の変更などの操作になります。

キー 効果
End Endオードのオンとオフを切り替え
F8 「選択範囲の拡張」モードにする
Shift+ F8 「範囲選択に追加」モードにする
Ctrl+ Space 列全体を選択する
CtrlShiftSpace アクティブなセル領域が選択
CtrlShiftSpaceSpace アクティブなセル領域とサマリー行が選択
CtrlShiftSpaceSpaceSpace ワークシート全体が選択
CtrlHome 選択範囲を行の先頭まで拡張する
CtrlShiftHome 選択範囲を行の先頭のセルまで拡張する
CtrlShiftEnd 表の最後のセルまで選択する
ShiftPageUp 選択範囲を上へ移動
ShiftPageDown 選択範囲を下へ移動
CtrlShiftO コメントがあるセルを選択する
CtrlShiftEnd 表の最後のセルまで選択する
CtrlShift 表全体を選択する
Ctrl 選択された行で値に一致しないセルを選択
CtrlShift 選択された列で値に一致しないセルを選択
Ctrl/ アクティブセルを含む範囲の選択
Ctrl 選択範囲を削除
Shift 選択範囲を上下左右に拡張
CtrlShift 同じ列または行で空白以外の最後のセルまで範囲拡張
CtrlA ワークシート全体を選択

 

表示

表示の関するキー操作

主に表示と非表示の切り替え操作になります。

キー 効果
Ctrl6 オブジェクトの表示と非表示
Ctrl8 アウトライン記号の表示と非表示を切り替え
Ctrl9 選択した行を非表示にする
Ctrl0 選択した列を非表示にする
CtrlF1 リボンの表示と非表示を切り替え
CtrlShift 選択範囲内で非表示の行を再表示します
CtrlShift 選択範囲内で非表示の列を再表示します

 

改行

セルの中での改行するキー

初心者は意外とこの操作が分からない方が多かったりします

キー 効果
Alt+ Enter セル編集時はセル内で改行
それ以外は直前の作業を繰り返す

 

日付

日付や現在時刻の入力

キー 効果
Ctrl+  日付を入力する
Ctrl 現在時刻を入力する

 

書式設定

書式設定を操作するキー

フォントの色の変更や太字にしたり斜体にしたりなどの変更が可能になります

キー 効果
CtrlU テキストに下線を引く
Alt→ H→ A→ C テキストの中央揃え
Alt→ HL1 テキストの左揃え
Alt→ H→ AR テキストの右揃え
Alt→ HF1 文字(フォント)の色を変更します
CtrlB テキストを太字に切り替え
CtrlI テキストを斜体にする
Ctrl1 【セルの書式設定】を表示する
CtrlShiftP 【フォント】タブを表示
AltShift7 【スタイル】ダイアログボックスを表示

 

 

表示形式

表示形式について操作するキー

 

キー 効果
CtrlShift + 【標準】の表示形式を適用
CtrlShift + 【日付】の表示形式を適用
Ctrl 午前または午後を表示
CtrlShift + 小数点以下の桁数が0の[パーセンテージ]表示形式を適用
CtrlShift + 小数点以下の桁数が2で、負数をかっこで囲む[通貨]表示形式を適用
CtrlShift + 小数点以下の桁数が2で、負数をかっこで囲む[桁区切り]表示形式を適用
Ctrl 小数点以下の桁数が2の【指数】表示形式を適用

 

罫線

Excelでセルに対し罫線を引いたり罫線の書式を変更したりするキー

表を作成する際などに便利です

Altキーから順番で押していくことで対象のセルに実行できます。

キー 効果
Alt→ H→ B→ A 格子状に罫線をひく
Alt→ H→ BB 下二重罫線を引く
Alt→ H→ BC 上下に太い罫線を引く
Alt→ H→ BD 上下罫線を引く
Alt→ H→ BE 罫線を削除
Alt→ H→ BG 罫線グリッドを作成
Alt→ H→ BH 下の罫線を太くする
Alt→ H→ BI 罫線の色指定
Alt→ H→ BL 選択範囲に左罫線を引く
Alt→ H→ BM その他の罫線を選ぶ
Alt→ H→ BN 罫線をなしにする
Alt→ H→ BO 選択範囲に下罫線を引く
Alt→ H→ BP 選択範囲に上罫線を引く
Alt→ H→ BR 選択範囲に右罫線を引く
Alt→ H→ BT 罫線を太くする
Alt→ H→ BU 上罫線と下二重罫線を引く
Alt→ H→ BW 罫線を作成する
Alt→ H→ BY 罫線のスタイルを指定
CtrlShift + 選択したセルの範囲に外罫線を適用する
CtrlShift+ _ 選択したセルの範囲に外罫線を削除する

 

数式・関数

数式や関数に関連するキー

オートSUMなどは使用する機会が多いので便利ですよ

キー 効果
数式を始める
F4 セルに対する操作を繰り返す
CtrlShift + 1つ上のセルの数式をセルまたは数式バーにコピー
CtrlShift + 1つ上のセルの値をセルまたは数式バーにコピー
ShiftF3 【関数の挿入】ダイアログボックスを表示
CtrlShiftU 数式バーの表示と非表示
Alt+ Shift+  オートSUM数式を挿入

 

再計算

シート内に関数などを組み込んでいた際に再計算を行わせるためのキー

キー 効果
CtrlAlt + F9 ブックの再計算
CtrlShift + Alt + F9 ブックの再計算
ShiftF9 ワークシートを計算
F9 開いている全てのブックを計算

 

印刷

印刷設定画面を表示させるためのキー

キー 効果
CtrlP 【印刷】ダイアログボックスを表示
CtrlF2 【印刷】タブの印刷プレビュー領域が表示される

 

検索

キー 効果
CtrlF 【検索】ダイアログボックスを表示

 

マクロ

マクロ操作に関するキーになります。

キー 効果
ShiftPause/Break VBAのループを止める
AltF8 【マクロ】ダイアログボックスを表示
AltF11 VBAエディターを開く
CtrlF11 マクロシートの挿入

その他

その他にもコメントを挿入したりなど、便利なコマンドもあります。

キー 効果
Shift+ F2 コメントを挿入する
Ctrl+ T 【テーブルの作成】ダイアログボックスを表示
CtrlE フラッシュフィルを利用する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました