コマンドプロンプト【net stat】でネットワーク接続状況を確認する

インターネット
スポンサーリンク

コマンドプロンプトでネットワークの接続状況を確認することが可能です。

そのコマンドは【netatat】

netstatのオプションコマンドについて紹介します。

netstat

現在実行しているTCP/IPなどのプロトコルの接続状況一覧やステータスなどを確認できます。

netstatオプションコマンド

netstatにオプションコマンドは【netstat】の文字の後スペースを入力後にオプションコマンドを入力します。

netstat -a 全ての接続を表示
netstat -e インターフェイス・レベルの統計情報を表示
netstat -f 外部アドレスの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を表示
netstat -n IPアドレスとポート番号を数値のみで出力
netstat -o 各接続に関連付けられたそれらを所有するプロセスIDを表示
netstat -p [proto] プロトコルごとの接続を表示(TCP, UDP, TCPv6, UDPv6)
netstat -r ルーティングテーブルを表示
netstat -s プロトコルレベルの統計情報を表示(IP, TCP, UDP, ICMP, IPv6, TCPv6, UDPv6, ICMPv6)
netstat -t 現在の接続のオフロードの状態を表示
netstat number 指定された秒数だけ一時停止しながら、選択した統計を再表示
※統計の再表示を停止するには、CTRL+Cを入力

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました