コマンドプロンプト【tracert】でネットワーク経路を調べる

インターネット
スポンサーリンク

コマンドプロンプトでネットワークの経由を調べることが出来ます。

そのコマンドは【tracert】

 

tracert

ICMP(Internet Control Message Protocol:インターネット制御メッセージプロトコル)のメッセージを利用し、TTL(Time To Live:生存期間)を増加させて宛て先へのルートを特定します。
ちなみにルーターなどはメッセージを返さないものもあるので、そういったルーターなどは特定することができません。

tracertオプションコマンド

基本的にオプションコマンドは【tracert】の文字の後にスペースを空け入力します。

そのままtracertコマンドで実行するとオプションコマンドを表示してくれます。

 

trasert -d 経路途中にあるルーターの名前解決を行わない
trasert -h [n] ターゲットを検索する際の最大ホップ数を指定(既定値:30)
trasert -j [host-list] 緩やかなルートソースを指定
trasert -w [n] タイムアウトまでの応答時間をミリ秒単位で指定(既定値:4000)
trasert -R (IPv6のみ)往復のパスをトレース
trasert -S srcaddr (IPv6のみ)使用するソース アドレス
trasert -4 IPv4の使用を強制
trasert -6 IPv6の使用を強制
trasert -? ヘルプを表示

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました