home【木山裕策】父と息子のストーリーを歌った歌詞に感動

スポンサーリンク

歌スタかた歌手デビューした異色のシンガー『木山裕策』さん

彼のデビュー曲であり、代表曲である【home】ですが、本当にいい歌詞ですよね。

この歌手の木山裕策さんはもともとは歌が好きな一般のサラリーマンで子ども4人を育てる父親だったのですが、甲状腺がんから復帰したことをきっかけに歌手を目指すことになりました。

声が出なくなるかもしれないというリスクを、乗り越え夢であった歌手を目指し見事にデビューを果たしました。

それだけの苦悩を乗り越えた来た彼だからこその歌詞であると思いますし、それだけ響く事があるのだと思える歌なので紹介します。

木山裕策

出典:amazon.co.jp

木山裕策-home

出典:youtube

home

晴れ渡る公園で不意に僕の手を握り返した

その小さな手で僕の身の丈を一瞬で包んでしまう

君がくれた溢れるほどの幸せと真っ直ぐな愛を

与えられてるこの時間の中でどれだけ返せるだろう

 

帰ろうか もう帰ろうよ茜色に染まる道を

手を繋いで帰ろうか世界に一つだけmy sweet home

 

変わっていく君のスピードに近頃は驚かされるよ

嬉しくもあり何故か寂しくも ゆっくり歩いていこう

 

あどけない君の笑顔も何か企んでる仕草も

そう全部が宝物だよ世界に一つだけmy sweet home

不思議な事に君を愛しく思えば思うほど

パパのパパやパパのママに本当に有難うって言いたくなるんだ

 

帰ろうか もう帰ろうよ茜色に染まる道を

手を繋いで帰ろうか世界に一つだけmy sweet home

何時も何時の日もありがとう

 

感想

子供の成長を見守れていることや、その時間をくれた自分の親に対する感謝の気持ちが真っすぐに心に入ってくる木山さんの歌声と、それを感じさせる説得力。

曲と歌詞はもちろん素晴らしいのですが、それだけでここまでのヒットは無かったのではないでしょうか?

木山さんのこれまでの人生があってこそのこの曲が素晴らしいのだと思います。

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました