第55回スーパー・ボウル・ハーフタイムショーでザ・ウィークエンドが圧巻のパフォーマンス

スポンサーリンク

第55回スーパーボウルが2月7日(現地時間)にフロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されました。

スーパーボウルと言えば、スーパースターがパフォーマンスをするハーフタイムショーが大きな注目を集めます。

今回パフォーマンスを担当するのは『ザ・ウィークエンド』

甘く心地よい歌声で今世界中で人気を集めるスーパースターです。

Spotifyが発表した2020年に世界で最も再生された楽曲ランキングで1位を獲得した「Blinding Lights」を楽曲に持つ歌手です。

 

The Weeknd – Blinding Lights (Official Video)

 

一度は耳にしたこともあるかと思いますが、非常に聴き心地の良い音楽です。

コロナ渦で一体どんなパフォーマンスをするのか大いに期待が集まりましたが、さすがザ・ウィークエンドという圧巻のパフォーマンスを披露してくれました。

さらには大掛かりなステージ上でパフォーマンスをしているのだが、その制作費にザ・ウィークエンドは7億円もの大金を自腹で負担したそうです。

 

以下はその際のザ・ウィークエンドのコメント

 

「新型コロナウイルスと選手やスタッフの安全のために、スタジアムの中にステージを作った。フィールドも使うけれど、今までしたことのなかったことをしたかったんだ」

引用:VOGUE

 

さすがは世界のスターですね、スケールが違います。

 

それでは圧巻のパフォーマンスをご覧ください。

The Weeknd’s FULL Pepsi Super Bowl LV Halftime Show

 

『Starboy』『The Hills』『Can’t Feel My Face』『I Feel It Coming』のヒット曲を次々とパフォーマンスしていき、歌とステージの世界観が絶妙にマッチしており、見て聴いて楽しいステージパフォーマンスを経て最後はフィールドへダンサーたちと共に出て『Blinding Lights』を披露した。

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました