【卒業の歌、友達の歌】19(ジューク)の歌詞に励まされる!今だからこそ聞きたい隠れた名曲

邦楽
スポンサーリンク

19【ジューク】の隠れた名曲である【西暦前進2000年→】を紹介したいと思います。

まず今19をあまり知らない方も多いと思いますので、19についてから紹介します。

19【ジューク】とは

スポンサーリンク

「19 歌手」の画像検索結果

出典:HMV&BOOKS online

1998年から2002年まで活動したフォークデュオ。

メンバー

  1. 岡平 健治 (1978年3月28日生まれ)ボーカル・ギター・ハープ・作詞・作曲
  2. 岩瀬 敬吾 (1978年8月29日生まれ)ボーカル・ギター・作詞・作曲
  3. 326(みつる)(1978年2月28日生まれ)ビジュアルプロデュース・作詞

 

シングル曲

  1. あの青を超えて(1998年11月21日)
  2. あの紙ヒコーキ くもり空わって(1999年3月20日)
  3. すべてへ(1999年10月21日)
  4. 『果てのない道』(2000年4月21日)
  5. 水・陸・そら、無限大(2000年7月5日)
  6. 背景ロマン(2000年11月29日)
  7. 足跡(2001年4月25日)
  8. たいせつなひと(2001年8月22日)
  9. 蒲公英ーたんぽぽ―(2002年3月21日)

アルバム

  1. 音楽(1999年7月23日)
  2. 無限大(2000年7月26日)
  3. up to you(2001年9月27日)
  4. 19 BEST ● 青(2002年4月27日)
  5. 19 BEST ● 春(2002年4月27日)
  6. 18~卒業ライフは入ってない~(2002年7月10日)
  7. BEST LIVE Audio use only (2002年7月24日)
  8. 19 〜すべての人へ (2005年10月19日)
  9. コンプリートBEST 青&春 (2007年2月21日)

 

卒業の歌、友達の歌【歌詞紹介】

2枚目のシングル【あの紙ヒコーキ くもり空わって】のカップリング曲のこの歌。

タイトルの通り、卒業と友達の事を歌った卒業ソングです。

作詞:326

作曲:19

 

「終わる事」を僕らが 意識し始めた時、急に

時間は 形を変えた

「退屈だ。」と叫んでいた

「なんでもない毎日」が

今では宝物です。

裏切りや 嘘も

だけど、だけど信じていたよ?

 

校舎の影で待っている

時間はもう戻ってこないけれど

いつも想い出はそこにいて

今でも待っている。

 

……そしてまたここに「そんな時」を止められずに泣いている

「これから」の君がいる。

そんな君に 今だからこそ伝えたい いくつかの

言葉が見つかりました。

「その時」は「終わる」じゃなく

「はじまり」ということを…

 

現在(キョウ)が「あの頃」と呼ばれても…

そこには距離という邪魔者が居ても…

「行こう。」ぬるま湯に風邪ひいて

臆病になる前に

 

君に届け!この想い。まっすぐ!

「忘れないで?君は独りじゃない!」

「辛くても… それでも進むなら…飛べるだろう

君は必ず 飛べるだろう。」

「汚くて泥だらけの川でも、

そこに落ちたとしても…

はいあがる「時間」が翼になる!大きく!強く!。」

 

校舎の影で泣いている

時間はもう戻ってこないけれど

「行こう。」想い出はそこにいて

今でも待っている。

「あのままで…」

笑ってる、泣いている……

笑ってる。

まとめ

326が手掛ける歌詞は本当に秀逸。

卒業は『終わりではなく、新たな始まり』というメッセージと、学生時代よく思う『退屈だ』という日々が実はかけがえのない大切な日々なのだから、

1日1日を大切に思い出を作っていくことの大事さを歌詞に乗せられています。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました