素振りをする意味はあるのか?素振りの効果的な練習方法

野球
スポンサーリンク

野球をやる方なら必ずする練習にバッティングの素振りがあります。

しかし、この練習、ただただバットを振るだけで、果たして本当に練習になっているのか疑問になるときもありますよね。

この記事では素振りをすることで得られる事と素振りの効果的な練習方法を解説していきます。

素振りは意味があるのか?

素振りのイラスト

そもそも自論なのですが、練習に意味が無いモノはないと思っています。

素振りは不要であると考える監督やコーチ、選手もいると思いますが、野球においての素振りには大きな意味があります。

そもそもとして、野球の練習は1人でやれることは限られています。

キャッチボール、ノック、打撃練習どれをとっても複数人いた方が効率がいい練習ができます。

しかし、素振りやシャドーピッチングは1人でも効率よく打ち込める練習メニューとなっています。

それでは素振りで得られる効果と効果的な取り組み方について解説していきます。

素振りの効果

スポンサーリンク

素振りで得られる効果として大きく分けて5つあると思います。

①フォーム作り

打撃フォーム作りといえば絶対に素振りです。

自分の理想とする打撃フォームを徹底的に体にすり込んでいくわためには、ひたすら反復練習しかありません。

理想とする強いスイングをする練習は、ボールを使用してフォーム作りを行うとどうしても、ボールに合わせるようなスイングになってしまいます。

そのため、【フォームを体にすり込む・バットを強く振る】ために素振りが必須といえます。

②身体の連動性アップ

「打撃フォーム」の画像検索結果

出典:日刊スポーツ

 

どんなスポーツにもいえる事ですが、腕の力というのはたかが知れています。

【力強いスイング=速い打球・飛距離】に繋がるわけですが、その力強いスイングを行うためには、

身体(特に下半身と上半身)をうまく連動させなければなりません。

極端にいうとバットに体から発生した力を全て乗せる練習として必須となります。

③スイングスピードの向上

日々素振りをすることで、スイングスピードは上がっていきます。

身体にすり込んでいく練習となるため、振れば振るほど、バットの扱い方に慣れていくので、力を入れるタイミング抜くタイミングが、自然と身についてきます。

スイングスピードを上げるためには脱力もまた必要な要素であり、コツをつかむために素振りがオススメです。

④苦手なコースの攻略

「左利きのバッター(野球)」の写真

野球をやっているとわかると思いますが、やはり人によって得意なコースと苦手なコースがあります。

得意なコースというのは、体が事前に対応できるため、苦も無く打ち返せますが、苦手なコースというのは体がそのコースの捌き方を会得していないということ。

苦手なコースを練習することで、そのコースの打ち方が体に染みつき、弱点を少なくすることが可能となります。

⑤フォームチェック

打撃というのは守備力や走力などと比べ常に安定したものでは無く、常に状態が変化するものです。

どうも最近打撃の調子が悪い、フォームがしっくりこないなどの場合に鏡などを利用し、フォームチェックをすることで、

スイングの違和感に気づきやすくなり、修正もしやすくなります。

 

素振りの効果的な練習方法

では、素振りの効果的な練習方法について3つ紹介します。

①最大限イメージする

まずなんのトレーニングにおいてもイメージをするのとしないのでは、結果が大きく異なります。

例えば筋トレがいい例ですが、同じメニューをしても、ただ無心でやるのと理想の体をイメージしながらでは、効果が大きく異なります。

「バーベルで筋肉に負荷をかけるボディビルダー」の写真[モデル:パルンボ井若]

つまり素振りをするにしても、ただ無心で振っていてはあまり効果は得られません。

1振り1振りに相手投手や球種、コースをイメージしながら、取り組むことで効果が大きく異なってきます。

②コースをイメージして振込む

ストライクゾーンは大きく分けて9分割に分けられます。

コースをイメージして素振りをする際にはただインコースとアウトコースをイメージしてするのではなく、

インハイ、インロー・アウトハイ、アウトローなど細かなコースまでを意識して練習するとよいです。

③マスコットバット・リングを使用する

これは高校生以上で体が成長した後でするのがオススメですが、重いバットを使用することで、バットを振る筋力アップが見込めます。

ただし、バットが重いため手で振ってしまう可能性もあるため、フォームが崩れやすくもなりますが、このバットを体全体で振るイメージをもって取り組むことで、筋力と同時に体の使い方もマスターできるため、非常にオススメだと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

素振りは中々効果が実感しにくく、一日二日やった程度ではなんの変化も感じにくいため、やる気がおきないかもしれませんが、継続することで必ず効果が生まれます。

【打撃は一朝一夕にしてならず】という言葉通り少しずつ積み上げることで、他人との差が生まれてくるものだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました