コマンドプロンプト【nbtstat】でプロトコルの統計とネットワーク接続確認

パソコン
スポンサーリンク

コマンドプロンプトでプロトコルの統計とTCP/IPネットワークの接続の確認が出来ます。

そのコマンドは【nbtstat】

nbtstat

nbtstatはnbt(NET BIOS over TCP/IPの略 )を利用し、TCP/IP接続の表示とプロトコルの統計を取ります。

 

nbtstatオプション

nbtstatにオプションコマンドは【nbtstat】の文字の後スペースを入力後にオプションコマンドを入力します。

nbtstat -a NetBIOS Name コンピューター名のNetBIOSテーブルを一覧表示
nbtstat -A IP Address IPアドレスのNetBIOSテーブルを一覧表示
nbtstat -c 保持しているNetBIOSとIPアドレスを一覧で表示
nbtstat -n ローカルのNetBIOSを一覧表示
nbtstat -r NetBIOSの名前統計情報を表示
nbtstat -R 再読み込み(キャッシュ破棄)を行う
nbtstat -s 保持している宛先IPアドレスをコンピューターのNETBIOS名に変換して一覧表示する
nbtstat-S 保持している宛先IPアドレスを一覧表示
nbtstat-RR NetBIOS名を解放してサーバーに再登録
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました