コマンドプロンプト【nslookup】でDSNサーバーへの問い合わせ

スポンサーリンク

コマンドプロンプトでDNSサーバーのトラブルの際に確認できるコマンドがあります。

そのコマンドが【nslookup】

nslookup

nslookupはDNSサービスにおけるトラブルの場合に使われるます。

非常に基本的なコマンドである。DNSサーバーの設定の状態を調べたり、DNS関連の設定を調査したりする場合に利用されるコマンドです。

※DNSは、例えば『www.atmarkit.co.jp』といったホスト名+ドメイン名を指定した形式と、それに対応付けられている「100.100.100.100」などというIPアドレスを相互に変換するサービスである。

nslookupを使うタイミング

DNSサーバーとDNSクライアントによる名前解決の処理は基本的には自動的に行われますが、サーバー側もしくはクライアント側の設定ミスなどによって相互間で通信エラーが発生し、名前解決が正しく行えない場合に役に立ってきます。

nslookup オプションコマンド

そんな時に知っておきたいnslookupのオプションコマンド一覧を記載しておきます。

 

nslookup set allオプション、現在のサーバーなどの情報を表示する
nslookup set debugデバッグ情報を表示する
nslookup set nodebugデバッグ情報を表示しない
nslookup set d2完全なデバッグ情報を表示する
nslookup set nod2完全なデバッグ情報を表示しない
nslookup set defname各クエリにドメイン名を付加する
nslookup set nodefname各クエリにドメイン名を付加しない
nslookup set recurseクエリへの再帰回答を要求する
nslookup set norecurseクエリへの再帰回答を要求しない
nslookup set searchドメイン検索一覧を使用する
nslookup set nosearchドメイン検索一覧を使用しない
nslookup set vc常に仮想回線を使用する
nslookup set novc仮想回線を使用しない
nslookup set domain=NAMENAME部分に既定のドメイン名を設定する
nslookup set srchlist=N1[/N2/…/N6]ドメインを N1 に設定し、検索一覧を N1、N2 などに設定する
nslookup set root=NAMENAME部分にルートサーバを設定する
nslookup set retry=NNの部分に再試行の回数を設定する
nslookup set timeout=N初期タイムアウト間隔設定する
nslookup set type=Xクエリの種類を設定する
※クエリとはデータベースからデータを抽出したり操作した利する際の命令のこと
※A、ANY、CNAME、MX、NS、PTR、SOA、SRVなど
nslookup set querytype=Xset typeと同一
nslookup set class=Xクエリのクラスを設定する
※IN (インターネット)、ANY
nslookup set msxfrMS高速ゾーン転送を使用する
nslookup set nomsxfrMS高速ゾーン転送を使用しない
nslookup set ixfrver=XIXFR(Incremental Zone Transfers:差分ゾーン転送)モードで使用する現在のバージョンを設定する
nslookup server NAMEデフォルトサーバーを指定した名前に変更する
※現在のデフォルトサーバを使って調べる
nslookup lserver NAMEデフォルトサーバーを指定した名前に変更する
※初期のデフォルトサーバを使って調べる
nslookup finger Userオプションのユーザー名が存在しているかどうか確認する
nslookup root現在のデフォルトサーバーをルートサーバーに設定する
nslookup ls (option) DOMAIN [> FILE]ドメインの情報の一覧を表示する
オプションを指定しないと、CNAMEのみを表示する
-a:ドメイン内のコンピュータの別名の一覧を表示する
-d:ドメインの全レコードの一覧を表示する
-t type:指定したタイプの全レコード一覧を表示する
※A、ANY、CNAME、MX、NS、PTR、SOA、SRVなど
nslookup view FILE[ls]コマンドを並べ替えて、一覧表示する
nslookup exit終了する
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました