【glee(グリー)】シーズン1 第8話「迫られた究極の選択」(MASH-UP)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク

人気ドラマgleeのあらすじを紹介していきます。

 

第8話「迫られた究極の選択」(MASH-UP)

スポンサーリンク

地区大会までもう少し、前回クインの妊娠がバレてしまい問題も山積みなグリークラブ。

しかし落ち込んでばかりはいられないのでウィルは課題曲を与えます。

その課題はウィルの好きな【Bust a Move】のマッシュアップ。

 

Bust a Move

GLEE – Bust A Move (Full Performance) HD

 

そして、フィンにもトラブルが。

アメフト部のクォーターバックという校内のスターという立場だったが、初めてジュースをかけられてしまう。

原因はもちろんクインの妊娠が発覚したことによるもので、校内のスターだった2人のカップルの人気が一気に地に落ちてしまったことを意味していた。

ちなみにグリークラブのメンバーのレイチェル、カート、ティナ、アーティー、メルセデスら落ちこぼれだった人たちはこれまでも散々ジュースをかけられているので、ジュースを手に持っている生徒を見るだけで条件反射的にビクビクしてしまう。

 

アメフト部との掛け持ちのフィンは、アメフト部員からクインの妊娠とグリークラブとの掛け持ちをネタに嫌がらせをされ、喧嘩に発展。

これを見たアメフト部の顧問のケンはフィンに対し、アメフト部かグリークラブのどちらか1つに絞るよう言われてしまう。

さらに同じくグリークラブとの掛け持ちのパック、マット、マイク、カートにも同じようにどちらかを選択するように迫る。

 

当然のケンの言い分かと思いきや、実はこれにも理由があった。

ケンからのプロポーズを受けたエマはハワイでの結婚式の後にダンスをする予定で、エマはダンスレッスンをウィルに頼んでいた。

 

曲はエマの好きな【I Could Have Danced All Night】とケンの好きな【Thong Song】のマッシュアップ。

そして【Thong Song】を歌いながら、2人で楽しそうにしているところをケンに目撃され、それに嫉妬したケンがウィルに嫌がらせをしたのだった。

 

Thong Song

Glee – 1×08 – Thong Song – Will Schuester

 

 

グリークラブは大会出場条件の人数ギリギリで地区大会までもう日がなく、アメフトを選択されてしまうとグリークラブ廃部が決まってしまうピンチに追い込まれる。

 

問題の1人パックはレイチェルの部屋で【What a Girl Wants】を熱唱する中ギターを弾いていた。

 

What a Girl Wants

GLEE – What A Girl Wants (Full Performance) [1×08]

 

2人が一緒にいる理由はパックが母親から『ユダヤ人の彼女を作って』と言われたその夜にレイチェルが出てきたため神の啓示だと思い猛アタック。

しかしレイチェルはフィンの事が好きでさらに『ソロも歌えない人とは』と断られる。

神の啓示だと思ったパックはソロも歌えることを証明するためグリークラブで【Sweet Caroline】をレイチェルに捧げる。

 

Sweet Caroline

Sweet Caroline (Glee)

 

そんな2人に対し、パックの元彼女のサンタナと少しレイチェルに想いが傾きかけていたフィンの2人はなんとも言えない表情になる。

そして、お腹にパックの子供妊娠している(周りにはフィンの子供であると言い張る)クインは、うっとり顔。

そしてレイチェルもまんざらでもない表情で、2人の距離は急接近。

一方その頃ケンがアメフト部かグリークラブかの選択を生徒に迫っていることを知ったウィルは、ケンに直談判。

しかし、ウィルに嫉妬しているケンはもちろんこれを聞き入れることはなかった。

 

そしてグリークラブかアメフト部のどちらかを選択する日が来てしまう。

そんな大事な日に、ウィルはエマからウェディングドレス選びに付き添わされてしまうことになった。

部員たちの選択が気になり落ち着かないウィルの前に、ウェディングドレスを着たエマが登場。

そして【I Could Have Danced All Night】を歌いながら、一緒に踊った。

 

I Could Have Danced All Night

GLEE "I Could Have Danced All Night" (Full Performance)| From "Mash-Up"

 

いい雰囲気で2人の距離も縮まりそうになったが、ケンから忠告されていることもあり、ウィルはエマをその場に残してグリークラブへと向かった。

 

そして迎えた運命の瞬間。

グリークラブのみんなが待つ中、来たのはマックとマイクとパックの3人。3人ともグリークラブを選択したのだった。もともとカートはアメフト部に興味はなかったため当然グリークラブを選択。

しかしフィンは表れなかった。

悩みぬいた結果、アメフト部を選択したのだった。

 

アメフト部を選んだフィンにアメフト部員はカートにジュースをかけることを強制させる。

もちろんやりたくないが、やらなければ自分もやられてしまうという極限状態のフィンであったが、そんなフィンの気持ちを察してカートは自らジュースを被る事に。

 

そしてフィンは、アメフト部顧問のケンにグリークラブとの掛け持ちが出来るように直接交渉し、それに折れたケンはグリークラブとの掛け持ちを認め、晴れてフィンもグリークラブへと復帰。

そして、これに乗じてパック、マイク、マットもアメフト部へ戻ることが出来た。

 

これまで通りのグリークラブに戻ることが出来、みんなが喜ぶ中、クインは暗い顔。

理由は校内のスターだった地位からジュースを掛けられてしまう程に人気が落ちてしまい、ついにはスーからチア部の退部宣告までされてしまっていた。

 

いい雰囲気だったレイチェルとパックは結局別れることになった。

元々パックはクインが好きで、レイチェルもフィンが好きという2人なだけに上手くいくはずがなかった。

そしてレイチェルが好きなのは、フィン。もともと無理だった2人なのだ。

 

シーズン1第8話の使用楽曲

第8話『迫られた究極の選択』で使用された楽曲を紹介します。

リンクを選択すると歌詞と原曲を紹介しています。

 

Bust a Move

Thong Song

What a Girl Wants

Sweet Caroline

I Could Have Danced All Night

 

 

【グリー】ドラマgleeのシーズン1で使用された全楽曲リストを紹介!
グリー【glee】シーズン1で使用されている楽曲をご紹介します。 gleeは20世紀フォックステレビジョン...

 

 

 

まとめ

アメフト部員がグリークラブから抜けてしまい、グリークラブ廃部の危機をなんとか乗り越えたニュー・ディレクションズでしたが、クインはついにチア部を退部に追い込まれてしまう事態になりました。

クインは妊娠してからかなり苦労が続いているが今後どうなっていくのでしょうか?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました