【glee(グリー)】シーズン1 第9話「グリークラブの車いす体験記」(WHEELS)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク

人気ドラマgleeのあらすじを紹介していきます。

 

第9話「グリークラブの車いす体験記」(WHEELS)

スポンサーリンク

地区大会までもう間もなくというところで、新たな問題が発生したニュー・ディレクションズ。

それは、地区大会の会場まではバスをレンタルしみんなで行く予定なのだが、車いすのアーティーがいるため、専用のバスを借りる必要があるのだが、もちろん費用が高いため校長はその費用を出してくれない。

困った生徒たちにウィルはカップケーキを売って、お金を準備することを提案するが、みんなは反対。

酷いのは、「アーティーだけ父親に送ってもらうようにしたら」と言いだす始末。

周囲からこう言われたアーティーはみんなの前では気にしないフリをしていたが、当然落ち込んでしまい、講堂で【Dancing With Myself】を一人歌っていた。

 

Dancing With Myself

Glee – Dancing With Myself HD (Full Performance)

 

そんなアーティーの姿を見かけたウィルはグリー部員にアーティーの気持ちを理解させるように、1日3時間車いすで生活し、そして車いすでパフォーマンスさせる。

そして、カップケーキを売りバス代を稼ぐことを命じた。

 

しかしそう簡単にお金が稼げる訳もなくカップケーキを売っても、中々売れない。

人気者だったクインは苛立ち『カップケーキも売れないようでは父親失格』だとフィンに怒りをぶつける。

だが、苛立っている本当の理由は妊婦健診の費用が高額でお金が払えずにいたからであった。

 

赤ちゃんを産んだら渡す約束をしたテリーに援助を頼むも断られ、両親には妊娠を内緒にしているため頼ることが出来ないためフィンに稼いでもらうしかないのであった。

家に料金支払いの督促状まできていたため、両親にバレる可能性が高まりクインはハラハラしていた。

もちろんフィンはクインのために稼ごうとバイトを探すが、これもまた中々見つからなかった。

 

そんなクインのためにとパックは行動を起こす。(クインのお腹の子の本当の父親はパック)

それはカップケーキの中に薬を忍ばせ、生徒たちを中毒状態にしてカップケーキを大量に売りさばいた。そして、その稼いだお金をクインに渡そうとするが、クインは受け取らなかった。

ただ、妊娠以来パックを拒絶し続けてきたクインだったが、必死になっているパックに対して態度を変化させていく。

さらに、フィンにバイトが見つかりホッと安心するクイン。

 

そして、地区大会に向けてグリークラブにはもう1つの問題がある。

それが、大会で誰がソロを歌うのかであった。

ソロを女性にしようと考えていたウィルはカートも立候補していたのだが、ソロをレイチェルに決定。

そのことを相談されたカートの父バートは腹をたて、オーディションをさせるようにウィルに直接話すことに。

 

それをウィルは受け入れ、ソロを巡るオーディションを開くことに。

曲目は【Defying Gravity】でカートとレイチェルで争うことになる。

 

Defying Gravity

GLEE "Defying Gravity" (Full Performance)| From "Wheels"

 

オーディションは歌がうまかったカートがなぜか途中で音を外してしまい、レイチェルが勝利しソロを獲得。

カートが音程を外し、レイチェルを勝たせたのには理由があった。

父バートのもとにゲイであるカートを批判する電話が来ていたため、自分がソロで歌う事でよりこういった事案が発生する可能性がある。父の心中を察したカートがわざとオーディションで負けていた。

 

そして、1日3時間の車いす生活を強いられているグリーのメンバーのティナは同じ生活を体験することでアーティーとの距離が縮まり2人はキスをする。

ティナも吃音というハンデを背負っており、車いすの自分と同じハンデがあるが共に受け入れられれば問題ないとアーティは思っていた。

しかし、ティナはアーティーとの距離が縮まったことで真実を告白する。

それは吃音は実はわざとであるという事だった。

その事実にショックを受けティナに失望。

距離が縮まったかにみえた2人の距離はまた開いてしまう。

 

グリークラブは無事にカップケーキを売ることで、費用を稼ぎ、さらには天敵スーから募金もあったことで無事にバスを借りられることになった。

そして車いすのままみんなで【Proud Mary】を歌う。

 

Proud Mary

GLEE – Proud Mary (Full Performance) HD

 

さて、スーはクインが抜けたチア部の穴をオーディションで埋めるように校長に命じられる。

(マッキンリー高校のチア部は大会で連覇するほどの強豪校であった)

乗り気がしないスーは仕方なく形だけオーディションを行なった。

立候補者に全く興味を惹かれないスーだったが、その中でダウン症のベッキーがオーディションに参加。

縄跳びするままならない彼女をなぜかスーは合格にした。

これには何か裏があるとウィルが疑ったが実は理由があった。

実はスーが尊敬する実の姉ジーンもダウン症なのだった。

 

シーズン1第9話の使用楽曲

第9話『グリークラブの車いす体験記』で使用された楽曲を紹介します。

リンクを選択すると歌詞と原曲を紹介しています。

 

Dancing With Myself

Defying Gravity

Proud Mary

 

 

【グリー】ドラマgleeのシーズン1で使用された全楽曲リストを紹介!
グリー【glee】シーズン1で使用されている楽曲をご紹介します。 gleeは20世紀フォックステレビジョン...

 

 

まとめ

マイノリティを題材の1部にしているグリーなだけに様々な問題が登場します。

車いす生活を送っているものの苦労はその人にしかわからないという事で、ウィルの提案はいいものだったのではないでしょうか。

そしてダウン症に関して反応を見せるスー。チア部に入ったベッキーと同じくダウン症だというスーの姉のジーンなど今度どうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました