【glee(グリー)】シーズン1 第4話「カートの告白」(PREGGERS) のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク

人気ドラマgleeのあらすじを紹介していきます。

 

第4話「カートの告白」(PREGGERS)

スポンサーリンク

前回グリークラブ崩壊の危機を回避し、結束を固めたニュー・ディレクションズ。

シーンはカートの家でカートがティナとブリトニーと【Single Ladies】をバックに踊っていると、部屋にカートの父バートが入ってきて、同様するカート

カートはなんとかごまかそうとするが、カートの服装やダンスにバートは完全に怪しんでいる雰囲気。

とっさにブリトニーがカートはアメフト部員だと、ウソをついたためバートからは『今度、試合を見に行く 』と言われてしまい、ピンチに陥る。

 

Single Ladies

Glee- Kurt Gets Caught By His Dad Dancing To Single Ladies

 

もちろんアメフト部員ではないカートは困ってしまい、フィンに頼んで、アメフト部の入部テストを受けることする。

キッカーとして入部テストを受けに来たカートは、ボールを構えるフィンの前でまた【Single Ladies】を踊り出す。

アメフト部のみんなが笑うが、カートはキックをど真ん中に決め度肝を抜く。

これでカートは無事アメフト部の一員になることが出来た。

 

glee – single ladies (beyoncé) kicker 'audition' – kurt hummel (chris colfer)

 

シーンは変わり、ウィルはテリ―とテリーの姉の3人で出産の練習をしていた。

ウィルが離れた隙に姉に実は妊娠していなかったことを打ち明ける。すると姉はウィルに真実を打ち明けるより、嘘をつきとおし、赤ちゃんを見つけるようにアドバイスする。

 

場面は変わり次にグリークラブで公演する【West Side Story】のショーで、ティナをソロに抜擢したウィル。チーム全体のレベルアップのためだが、常に自分がソロであり続けたいレイチェルは不満を爆発させる。

自分への嫌がらせだと判断し、グリークラブへ来なくなってしまうレイチェル。

 

グリークラブを潰したいスーはこの状況を利用し、ニュー・ディレクションズからレイチェルを引き抜く作戦を計画。

校長を脅し、もとグリークラブ顧問だったサンディを復帰させて、別のクラブを作らせた。

さっそくオーディションが開催され、ウィルの猛反発のレイチェルは迷うことなく参加し【Taking Chances】を歌い、見事に主役に抜擢される。

 

Taking Chances

Glee Cast – Taking Chances (Glee Cast Version)

 

そして、もちろんサンディーからはグリークラブ(ニュー・ディレクションズ)をやめるように言われる。ウィルから再三グリークラブの練習に戻るように言われても、一向に来ないままであったが、そこは迷うレイチェル。

ソロに抜擢されていたティナも練習で【Tonight】を歌っていた。

 

Tonight

Glee -Tonight HQ

 

ティナは自分がこのままソロを歌うとレイチェルがグリークラブを辞めてしまうため、レイチェルを主役にするようウィルに訴える。

 

また場面はアメフト部へと戻る。

フィンはアメフトで大学へ推薦を狙っていたが、肝心のアメフト部は弱小校であった。

アメフト部を強くするために、フィンはウィルにアメフト部にダンスを教えるように頼み、顧問のケンに相談することに。

顧問のケンも賛同してくれたが、他の部員は当然嫌がったがケンから強制され、嫌々ダンスの練習をすることに。

試合が始まるがアメフト部はやはり弱いままで、とても勝てそうになかった。

それまで『踊りなし』といってきたが、ラストのワンチャンスの場面で【Single Ladies】を踊り出し、呆気にとられる相手の隙に乗じて不意打ちを仕掛け、見事タッチダウンを奪い歓喜する。

 

GLEE-"Single Ladies" On The Football Field (HQ)

 

混戦となった試合の行方はカートのキックに託されることとなった。

当然カートは踊り、結果見事にキックを成功させ、チームを勝利に導いた。

試合を見に来ていたバートはカートによくやったと褒める。そこでようやくカートは自分がゲイなのだとバートに打ち明けた。

予感はあったのだろうが、当然戸惑うバートであるが、そんな息子を受け入れるバート。

 

さて場面が変わり、元気がない様子のクイン。彼氏であるフィンがどうかしたのか聞くと実は妊娠しているという衝撃な告白を受ける。

父親はフィンだと言い張るクインだが、2人は行為をしていなかった。

当然理解出来ないフィンだが、クインが父親はフィンだと言い張るため、クインの言葉をそのまま信じ、ウィルに相談することに。

ショックを受けているフィンをなんとか励ますウィル。

フィンはウィルの他に親友であるパックにも、そのことを打ち明ける。

妊娠の事実を知ったパックはクインを問い詰める。実は酒を飲んだせいでクインとパックは一緒に寝てしまっており、本当の父親は自分だとパックは気が付いた。

パックは子供のことも、クインのことも面倒を見ると言うが、クインは『父親はフィン』と言い張りパックを拒絶する。

 

そして、クインのことをウィルから聞かされたテリー(自分が妊娠していないことを隠し通すため)はクインに接触することになる。

 

またグリークラブにはアメフト部からパック、マイクとマットが入部することになった。

皆が喜んだのも束の間、練習を開始するときに、『今度のショーの主役はティナだ』とウィルが宣言すると、またレイチェルは怒って部室を飛び出してサンディの下へ行ってしまった。

 

 

シーズン1第4話の使用楽曲

第4話『カートの告白』で使用された楽曲を紹介します。

リンクを選択すると歌詞と原曲を紹介しています。

 

Single Ladies (Put a Ring On It)For he’s a Jolly Good Fellow

Taking Chances

TonightPoison

 

 

【グリー】ドラマgleeのシーズン1で使用された全楽曲リストを紹介!
グリー【glee】シーズン1で使用されている楽曲をご紹介しま...

 

 

 

まとめ

新たに様々な問題が発覚したグリークラブ。

複雑に絡み合った私情が今後どのような展開を迎えるのか非常に続きが気になるところ。

 

第5話「新旧アイドル対決」(The Rhodes Not Taken)

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました