スラムダンクの湘北高校のライバル校選手や監督の名言まとめ

スポンサーリンク

スラムダンク【SLAM DUNK】は週刊少年ジャンプで連載された、高校バスケをテーマにした井上雄彦による少年漫画です。

 

1990年から1996年にかけて連載された同作品は今なお根強い人気を誇り、当時日本ではあまりメジャーではなかったバスケットボールを一躍人気スポーツへと押し上げた大ヒット作品です。

 

まだ見たことが無ければ超オススメの作品になっています。

この記事では、スラムダンクの主人公が在学する湘北高校の選手や監督の紹介とそれぞれが名言を多く残しているのでそれを紹介していきたいと思います。

 

 

スラムダンクとは?

出典:井上武彦WEB

スラムダンクは、ジャンプで連載さたバスケットがテーマの漫画です。

主人公の桜木花道が一目惚れした赤木晴子に勧められるままバスケット部へ入部する。そこで晴子の兄でありバスケット部のキャプテンである赤城剛憲【通称:ゴリ】や流川楓らと出会い、バスケットボールマンの道を歩み出す。

桜木花道がバスケットを通して成長していく姿や、その他の登場人物にもそれぞれストーリーがあり、今なお幅広い年代の男女に人気です。

この記事では湘北高校の選手紹介や監督紹介そして、名言を紹介したいと思います

 

 

湘北高校メンバーの名言集はこちらから

 

陵南高校

出典:Neverまとめ

湘北高校の最大のライバル校キャプテン魚住や天才仙道を要し、湘北高校を最後まで苦しめたチーム。チームの横断幕は【勇猛果敢】を掲げている。

監督の田岡茂一は魅力的な監督で、普段の練習は県内随一のハードさで同じ神奈川県覇者の海南高校の監督高頭とは学生時代から1学年違いのライバルである

 

4番 3年 魚住純(うおずみじゅん)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 13巻

出典:井上武彦WEB

陵南高校のキャプテンで湘北高校の赤木のライバル。 通称【ビッグジュン】

身長202㎝体重90㎏ ポジション:センター

 

2メートルを超える身長で中学時代から『ビッグジュン』として有名な選手であった。しかし、陵南高校に入学し、練習に中々ついていけず周りから「ただデカイだけ」とバカにされ部を辞めることを監督の田岡茂一に訴えるが田岡の説得により退部を思いとどまる。そこから打倒赤木を目標に猛練習に励む。

【名言・セリフ集】

『オレはチームの主役じゃなくていい』

『倒せ赤木!! 牧を倒してこい!!』

『湘北の魂はお前なんだ赤木…!!』

『今までの全てはこの時のためにやってきた
いいか絶対に勝つんだ 陵南バスケ部の全てを出しきるぞ!!』

 

 

7番 2年 仙道彰(せんどうあきら)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 14巻

出典:井上武彦WEB

陵南高校のエースで天才と呼ばれるオールラウンドプレーヤー。

身長190㎝体重79㎏ ポジション:フォワード・ポイントガード

 

プレーのインパクトでは作中でNo.1のプレーヤーの1人。常に沈着冷静でマイペースの天才プレイヤー。 ずば抜けたオフェンス能力以外にも、視野の広さ、ノーマークの味方を見つける才能、 ゲームメイキングの才能、パスセンスなど、ガードとしての才能も天才的でプレーで相手を圧倒してくる。勝負所を的確に見極め、味方からの信頼も絶大でどんなピンチでも『仙道ならなんとかしてくれる』と精神的支柱になっている。

【名言・セリフ集】

『オレを倒すつもりなら… 死ぬほど練習してこい!!』

『さあいこーか』

『…やっぱり こいつとの1ON1はおもしれー
負けん気の強さと… タフな精神力と…県内随一の得点力をもっている
そして…最後にオレが勝つからだ 勝つから楽しーんだ』

 

 

13番 2年 福田吉兆(ふくだきっちょう)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 15巻

出典:井上武彦WEB

ガムシャラで粘り強くオフェンスが強い。 通称『フクちゃん』

身長188㎝体重80㎏ ポジション:フォワード

 

繊細な性格ですが圧倒的なオフェンス力でチームのスコアラーとして活躍おり、褒められて伸びるタイプの選手。監督の田岡茂一が仙道と福田がチームの中心になると考え、福田に厳しく指導していたことにより、1年の終わりにいわゆる監督へ手を出したことで無期限部活禁止処分となるも2年時に復帰。試合に飢えておりそのガムシャラなプレーでチームを引っ張る

【名言・セリフ集】

『もっと… もっと ホメてくれ』

『ほわちゃあ!!』

『仙道のプライドが傷つく あいつはきっと負けない』

 

 

監督 田岡茂一(たおかもいち)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 16巻

出典:井上武彦WEB

闘将と呼べる、非常に気性が激しい監督。

 

気が短く厳しい人物で、試合中わずかでも気を抜いたプレイを行った選手は怒鳴りつけ、思い出すだけで部員たちが冷や汗を流すほどの厳しい練習をするなど、鬼のような監督だが部員たちを思いやる面も見せる。高校時代は「神奈川に田岡あり」と言われた選手で、海南の監督高頭とはその頃からの因縁の関係であり、学年は高頭より1年年上である。

練習についていけない魚住に対する対応は神がかっており、非常に心を打たれる場面であり魚住が奮起するきっかけとなった。

【名言・セリフ集】

『敗因はこの私!!陵南の選手たちは最高のプレイをした!!

『でかいだけ?結構じゃないか 体力や技術は身につけさすことは出来る…
だが お前をでかくすることはできない。たとえオレがどんな名コーチでもな 立派な才能だ』

『あいつも3年間がんばってきた男なんだ 侮ってはいけなかった』

『仙道は牧をも超える器だ!!オレはそう信じている!!』

 

 

海南大付属高校

アツイ!スラムダンク名言・格言集「海南大附属高校編」 - NAVER まとめ

出典:Neverまとめ

海南大付属高校は、17年連続インターハイ出場の神奈川No,1のチームで全国でも有名な強豪校。各中学のエース級が毎年集まってくるが練習が厳しく、入部した選手のほとんどが耐え切れず退部する程。その中で残った選手たちは実力者ばかり。特にチームキャプテンの牧真一はまさに全国区のプレーヤーで神奈川No.1プレーヤーとして天才仙道に匹敵する選手。横断幕は【常勝】でユニフォームは、紫と白です。海南大付属高校の登場人物一覧を紹介していきます。

 

4番 3年 牧真一(まきしんいち)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 10巻

出典:井上武彦WEB

王者海南大付属高校のキャプテンで神奈川No.1プレーヤー。神奈川大会MVPを獲得

身長184㎝体重79㎏ ポジション:ガード

 

宮城並みのスピードと赤木並みのパワーを兼ね備えたまさに神奈川No.1プレーヤーであり、自ら切り込むことで得点したり、周りの選手のマークが緩くなることで神ら周りのプレーヤーをうまく機能させる。1年の時から怪物と呼ばれ、常にトップを走り続ってきた。 勝ちに対して誰よりもハングリーで、決して自分に妥協せずチームの【常勝】を体現した選手。 勝つために相手の弱みは徹底的に突き、挑んでくる相手にはひるまず向かっていく精神力を持っている。

【名言・セリフ集】

『あの文字が見えねえか?海南のプレイヤーなら甘ったれたことを言うな』

『オレが敵のプレーヤを尊敬するのは初めてだぜ・・・!!』

『できる!!よな?できなきゃ外す』

『あの文字が見えねえか?海南のプレイヤーなら甘ったれたことを言うな』

 

 

6番 2年 神宗一郎(じんそういちろう)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 11巻

出典:井上武彦WEB

王者海南大付属高校のキャプテンで神奈川No.1プレーヤー。神奈川大会MVPを獲得

身長189㎝体重71㎏ ポジション:シューティングガード

 

これといった長所が無く、当初センターとして海南バスケ部に入部するもセンターとしては通用しないと、監督に告げられるが内に秘めた闘志ときれいなシュートフォームを持っており、一日500本のシュート練習の努力を続け三井にも匹敵する3Pシューターとして大成する。 「一度入りだすと止まらなくなる」と言う程にシュートに自信を持っている。内に牧、外に神と最強のコンビとして湘北の前に立ちはだかった。

【名言・セリフ集】

『待ちくたびれましたよ…!!』

『いいリズムで打ってますね・・・今は外す気がしないでしょう 一度入りだすと止まらなくなるタイプじゃないかな オレと同じタイプかな』

『抜いたと思っても・・・シュート体勢に入ってるうちにもう前にいるんだ あれは思い出したくないな・・・』

 

 

1番 10年 清田信長(きよたのぶなが)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 12巻

出典:井上武彦WEB

王者海南大付属高校において唯一1年でスターティングメンバーを掴んだ男

身長178㎝体重65㎏ ポジション:シューティングガード

 

桜木同様に礼儀知らずのうぬぼれ屋だが、1年で海南のスタメンを掴むだけあり、その身体能力はずば抜けている。流川に対してライバル視しており、敵対心むき出しで対抗しにしながらもその実力を十分に認め理解している。桜木とも【赤毛猿(あかげざる)】【野猿(のざる)】と罵り合うほど強気な性格である。

【名言・セリフ集】

『王者・海南をなめんなあっ!!』

『あの流川がパスしたんだぞ… あの流川が あの… 天上天下唯我独尊男が パスを!!』

『あいつはただの1年とは違うんスよ!!あれが流川だ!!』

 

 

翔陽高校

スポンサーリンク
翔陽高校バスケ部の先進的組織づくりと歴史的敗戦から学ぶ現代組織の難しさの考察|勝村 泰久@ぶっちゃけ人事|note

出典:note

海南大附属に次ぐ神奈川県のバスケットボールの強豪校で、主人公チーム湘北高校のブロックシード校である。監督兼キャプテンの藤真を擁しており、他の選手は皆190㎝以上の長身選手で固めた手ごわいチーム。特に藤真は翔陽史上初の1年生からスタメンで全国経験者であり海南牧の最大のライバルでもある。

 

4番 3年 藤真健司(ふじまけんじ)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 8巻

出典:井上武彦WEB

強豪翔陽高校において史上初の1年からスタメンで選手兼監督のチーム柱

身長178㎝体重66㎏ ポジション:ガード

 

キャプテンで選手兼監督としてチームの柱。普段はベンチにおり、監督として冷静に支持を出すがひとたびコートに出ると、司令塔としてチームに及ぼす支配力は絶大。ゲームメイクはもちろんジャンプの最高点に到達する前にシュートを放つという独特のタイミングを持ち、さらに左利きであることから、彼のシュートを止めるのは非常に難しい。名門校であるにも関わらず、監督に恵まれなかったため、プレーヤーとして存分に才能を発揮することが出来なかった悲運な選手。

【名言・セリフ集】

『ち・・・お前ら・・・オレのいないとこで№1争いするなよな』

『ありがとうございました・・・!!』

『見たくない・・・海南の勝利も・・・敗北も・・・』

 

 

5番 3年 花形透(はながたとおる)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 9巻

出典:井上武彦WEB

藤真と共にチームの中心人物でありスター選手。

身長197㎝体重83㎏ ポジション:センター

 

長身の選手揃いの翔陽のセンターを努める頼れる選手。神奈川県において赤木や魚住と言ったパワー型の【剛】のセンターに対し、花形は【柔】のセンターのように技術や頭脳で勝負するプレイヤーでる。また翔陽高校のバスケ部という事に誇りをもった言動もあり、チームにとっても藤真にとってもなくてはならない存在である。

【名言・セリフ集】

『遠慮するなよ!!オレたちは翔陽なんだ!!』

『さあ気合いれていくぞ!!! 翔陽の力を見せてやる!!』

『翔陽なら200点とってるぜ』

 

 

豊玉高校

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 18巻

出典:井上武彦WEB

湘北のインターハイ初戦の相手であり、前年に翔陽を破った大阪代表のチーム。オフェンス特化の【ラン&ガン】を選手がチーム方針としており、大阪大会得点ランキングベスト3までの3人がこのチームにいる。週刊バスケットボールの総合評価はAランク(湘北はCランク)だが、同じAランクの海南と比べると劣るように思える。チームの中心の2人は前監督への思いが強く試合中に現監督ともめるシーンも。

 

4番 3年 南烈(みなみつよし)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 18巻

出典:井上武彦WEB

エースキラーの異名を持つチームの中心人物でキャプテン

身長184㎝ ポジション:スモールフォワード

 

【ラン&ガン】の攻撃特化チームのエースで大阪大会の得点王。少年時代から北野の【ラン&ガン】バスケットに憧れ、岸本らと共に豊玉に入学。成績不振を理由に北野は解任されたがラン&ガンバスケで全国ベスト4まで勝ち進み、また北野を監督として迎えることを目標にしている。またエースキラーと呼ばれ、相手チームのエースを不慮の事故に見せかけてケガをさせようとしてくる(最初はわざとではなく威嚇のつもりだったが、それに怯まなかった翔陽の藤真が最初の犠牲者になった)

【名言・セリフ集】

『あきらめるのは早い 勝つで 勝ったほうが100倍 楽しいもんな』

『なるほど・・・確かに お前がエースや』

『ゲームそのものを楽しむ事を…もうずっと忘れとった気がする… あきらめるのは早い』

 

 

5番 3年 岸本実理(きしもと みのり)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 19巻

出典:井上武彦WEB

大阪得点ランキング2位の実力者。南とは少年時代からの幼馴染。

身長188㎝ ポジション:パワーフォワード

 

南と共に少年時代から北野前監督の【ラン&ガン】バスケットに憧れ豊玉に入学。南と北野前監督の【ラン&ガン】バスケが間違っていなかったと証明するために必死になっている。非常に短気で喧嘩っ早いためチーム内外問わずに問題を起こす。現監督の金平にも歯向かい暴言を吐いたことで試合中にも関わらず殴られてしますも全く悪びれることもなかった。

【名言・セリフ集】

『もちろん勝つためや 豊玉のバスケットはラン&ガンや ラン&ガンで優勝するんじゃ』

『ポテンシャルて何やねん 日本語でゆーてや オレ バカやしわからんわ』

『おい牧!お前ら予選でこいつらに相当手こずったらしいな 何やそのザマ まず4強の一角は崩れたな』

 

 

山王工業高校

スラムダンクの作中で最強のチームで2年連続インターハイを制している。全国にもその名を轟かす名門校でありながら、歴代最強との声もあるほどスキがないチーム。日本No.1プレーヤーの沢北を始め、各ポジショントップクラスの選手が揃っており、昨年全国制覇を達成した選手のうち3人がスタメンで残っている。最強であるにも関わらず、選手が慢心しておらず、勝ちに貪欲であり諦めることなく向かってくるチームに対して喜びを覚える。湘北のマネージャーである彩子は山王の事を「絶対王者」といっています。

 

4番 3年 深津一成(ふかつかずなり)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 20巻

出典:井上武彦WEB

全国最強のチームをまとめるキャプテン。

身長180㎝ ポジション:ポイントガード

 

常に冷静沈着で的確に試合のポイントを読み、状況に応じた最高のプレーをする。冷静沈着で常に試合の流れを読み、その場に応じた最高の選択を行う。ポイントガードとして広い視野と抜群のパスセンス、そしてディフェンスも一流。監督からの信頼も絶大で、湘北戦終盤のゲームメイクを任せられるなどその信頼度の高さが伺える。キャラクターは不思議で語尾に『ピョン』を付けているがブームがあり前は『ベシ』を付けていた。

【名言・セリフ集】

『好きにやれピョン 一応お前がエースピョン
ただしピョン エースがやられると相手が勢いづくピョン
やられるくらないならいない方がいいピョン』

『同じ2点だピョン』

『明日は点取るベシ!!・・・・ピョン!!』

 

 

7番 3年 河田雅史(かわたまさし)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 22巻

出典:井上武彦WEB

作中最強のセンターで湘北の赤木を完封するほど圧倒的なプレーヤー。

身長194㎝ ポジション:センター

 

日本高校バスケ界最強のセンターであり、その実力は大学バスケにおいてもトップ3に入るほどと評させる。とにかくセンターとしては鍛えられた体を活かしたパワー、スピードに加え洞察力も鋭く、試合を通し湘北の大黒柱である赤木にほとんど仕事をさせなかった。入学当初は身長が小さかったこともあり、自身の成長と共にポジションが変化していったことにより、センターのみならずスモールフォワードまでこなす万能プレーヤーであり、読者目線でも作中で最強の選手の1人である。

【名言・セリフ集】

『むかってくるなら手加減はできねえ男だ 俺は』

『ズイブン長えこと宙にいるんだな
そして着地するや速攻の先頭を駆けるあの脚力・・・!!
ブロックにフルパワーでジャンプしたあと
あれだけのダッシュは並みじゃできねえ
誰もそんなとこ見てやしねーだろうが・・・』

『もっと 全力でぶつかれよ赤木』

 

 

9番 2年 沢北栄治(さわきたえいじ)

SLAM DUNK スラムダンク 完全版 23巻

出典:井上武彦WEB

日本No.1プレーヤーで仙道が唯一勝てなかったプレーヤー。

身長188㎝ ポジション:ガードフォワード

 

最強山王工業で唯一1年からレギュラーになっており、1on1能力は作中ナンバーワンで仙道が唯一中学時代に勝てなかった相手だといった日本No.1プレーヤー。幼少期から父親と1on1を繰り返してきたことで、スキルを上げてきた。深津や河田に比べメンタルが弱い部分もあり集中するまで時間がかかることがあるが、集中すると攻守ともに全くスキが無くなり流川ですら終盤まで手も足も出ない状態が続きました。挑戦することが生きがいで自身のさらなる成長のため大会後アメリカへ留学することを決めている。

【名言・セリフ集】

『1ON1じゃオレには勝てねえよ』

『日本一?日本一のプレイヤーになりたいのか?流川 なるがいいさ オレのいない日本でな 夏が終わったらオレはアメリカだ』

『アメリカに行っちまう前によ 神奈川の流川という芽を叩き潰しておかないと』

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました