【glee(グリー)】シーズン1 第13話「あなたなしでは…」(SECTIONALS)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク

人気ドラマgleeのあらすじを紹介していきます。

 

第13話 「あなたなしでは…」(SECTIONALS)

スポンサーリンク

地区大会までもうすぐ!しかし、スーの策でウィルが顧問を解雇されてしまっている。

ただ地区大会の引率にエマが引き受けてくれることになった。(しかし、当日ケンと結婚式がある)

地区大会で歌う曲を、グリー部員のみんなで決めることになり、車椅子でのパフォーマンス『Proud Mary』と、『Don’t Stop Blievin’』は直ぐに決まった。

そして残りの1曲を決めるという事で、メルセデスがソロに立候補し、『And I am Telling You I’m Not Going』を披露。

 

And I am Telling You I’m Not Going

GLEE – And I Am Telling You I'm Not Going (Full Performance) HD

 

このメルセデスの圧倒的な歌唱力で、レイチェル含めた、みんなが納得し、メルセデスがソロを務めることになった。

 

しかしここで新たな問題が発生。

クインのお腹の子の父親が実はパックだという事実をグリークラブ内ではフィンとレイチェル以外の全員が知っていた(パックがメルセデスにバラしたことで、その事実が広まった)

そして、フィンに想いを寄せているレイチェルが、勘づいてしまい、みんなの予想した通り、フィンにそのことをバラしてしまう。

そんなとんでもない真実にフィンの怒りは一気に頂点に達し、パックに殴りかかる。

そしてついにクインの口からお腹の子はパックの子だと告げられ、フィンはそのまま怒って、グリークラブを去ってしまう。

 

そんな中で迎えた地区大会当日。当然フィンは来ないまま。

さらに追い打ちをかけるようにスーの陰謀で、ライバル校のジェーン・アダムス校が『And I am Telling You I’m Not Going』と『Proud Mary』を、そしてデイトンろう学校合唱部が『Don’t Stop Blievin’』を歌うことになってしまった。

さらに運が悪いことにニュー・ディレクションズの出番は一番最後であり、歌う予定の曲はすでに全て歌われてしまった。

予定の3曲全て被ってしまったため、選曲を急遽変更せざるを得なくなったニュー・ディレクションズ。

1曲はレイチェルが子供のころから歌ってきた曲に決定。

しかし、それだけでは足りないため、全員で歌う曲も必要だが、時間が無い中曲が決まらない。

この土壇場にフィンが現れた。

グリークラブのピンチをエマから聞いたウィルがフィンを説得し、地区大会へと向かわせたのだった。

ただ、怒りは収まってはおらず、「パックを見たら殴りたくなるし、クインを見たら泣きそうになる」と心境は穏やかではなかったが、グリークラブ存続のため、ひとまずはパックと休戦し、チームをまとめ上げる。

すぐに曲を決めて、振り付けをサンタナ達に頼むことにした。

そして、ニュー・ディレクションズの出番が。

 

まずオープニングにレイチェルが子供のころから歌っているという『Don’t Rain on My Parade』を披露!!

 

Don’t Rain on My Parade

GLEE – Don't Rain On My Parade (Full Performance) HD

 

 

そして、続く2曲目『You Can’t Always Get What You Want』を、全員で無事の歌い切った。

 

You Can’t Always Get What You Want

GLEE – You Can't Always Get What You Want (Full Performance) HD

 

ニュー・ディレクションズのパフォーマンスを目の当たりに、ジェーン・アダムス校のコーチは自らの不正を反省し、審査員に真実を伝えようとするが、その前に結果が出てしまった。

しかし、無事にニュー・ディレクションズの優勝で幕を下ろした。

これで、廃部を免れたグリークラブは次に州大会へ向かうことに。

 

そしてウィルは、エマとケンの結婚式の準備で、家に立ち寄りそこで、久々にテリーと会い、別れを告げて、結婚式へと向かうことに。

会場についたが、そこにはウェディングドレス姿のエマ1人だけで他には誰もいなかった。

理由は明白で、エマが結婚式よりもニュー・ディレクションズの引率を優先したことが原因で、ケンが怒ってしまったのだった。

エマは本心ではウィルを好きだったが、ウィルが既婚者であったことなどから、ウィルを諦めて、ケンのプロポーズを受けており、そのこともケンは知って黙認していたが、今回のことは許してもらえなかった。

ウィルはテリーと別れたことをエマに伝えたが、こうなってしまい、ケンと別れてケンに申し訳ないと、さらには「教師も辞める」と言って、エマは立ち去ってしまう。

 

後日、スーの陰謀(ライバル校に曲リストを渡したこと)が校長にバレて、今度はスーがチア部顧問から外され、停職させられることになった。

そして、無事にウィルはニュー・ディレクションズの顧問に復帰することになった。

地区大会を無事優勝したグリー部員たちはウィルに地区大会優勝のトロフィーを手渡し、ウィルへ向けて『My Life Would Suck Without You』を歌う。

 

My Life Would Suck Without You

GLEE – My Life Would Suck Without You (Full Performance) HD

 

そして、ラストシーンでウィルは学校を辞める準備をしていたエマのところへ行き、キスをした。

 

シーズン1第13話の使用楽曲

第13話『あなたなしでは…』で使用された楽曲を紹介します。

リンクを選択すると歌詞と原曲を紹介しています。

 

And I am Telling You I’m Not Going

Don’t Rain on My Parade

You Can’t Always Get What You Want

My Life Would Suck Without You

 

 

【グリー】ドラマgleeのシーズン1で使用された全楽曲リストを紹介!
グリー【glee】シーズン1で使用されている楽曲をご紹介します。 gleeは20世紀フォックステレビジョン...

 

 

まとめ

地区大会へ向けて様々なアクシデントが続き、大ピンチの連続でしたが、グリークラブ内でのチームワークで無事に危機を乗り越えることができました。

さあここから州大会へ向けて再始動するニュー・ディレクションズとエマとの進展がありそうなウィルがこれからどうなっていくのでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました