【glee(グリー)】シーズン1 第11話「究極の”ヘアー作戦”」(HAIROGRAPHY)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク

人気ドラマgleeのあらすじを紹介していきます。

 

第11話「究極の”ヘアー作戦”」(HAIROGRAPHY)

スポンサーリンク

もうすぐ地区大会が始まるが、グリークラブの相談役スーが急に対戦校がどこか?歌う曲目は何かと、ウィルにしつこく聞いてくる。

 

対戦校にニュー・ディレクションズの情報を漏らしたのかと心配したウィルはエマに相談し、対戦校の1つジェーン・アダムス校をに行き、確認をした。

しかし、少女少年院を出た人のばかりの学校であったため、生徒が犯罪者だということで疑ったじゃないかとジェーン・アダムス校のコーチに怒られてしまう。

誤解であるが、不快な思いをさせたお詫びとして、ジェーン・アダムス校の生徒を招待し、公演会を開いた。

 

公演会でジェーン・アダムス校は、ド派手なパフォーマンスを『Bootylicious』に合わせて披露した。

 

 

Bootylicious

GLEE – Bootylicious (Full Performance) HD

 

レイチェルはこのパフォーマンスは『ヘアー作戦』といい、髪を派手に振り回すことで、ダンスが下手なことをカバーしているだけなので問題ないと解説するが、パフォーマンスに迫力があったため、ウィルは心配になった。

そして、対抗するため、ニュー・ディレクションズのメンバーにもウィッグを付けさせて、同じようにヘアー作戦をすることに決める。(ちなみにヘアー作戦は反対されている)

 

一方クインは出産後は赤ちゃんをテリーに渡す予定であったが、母性が目覚めてきており自分でも育てたいという感情に悩んでいた。

そして、赤ちゃんの本当の父親パックにももう一度チャンスを上げようと考えた。

 

パックと一緒にいるとフィンに嫌がられるので、フィンの気持ちを逸らす必要があるため、クインはカートを使ってレイチェルをイメチェンさせてフィンを誘わせる。

 

カートからのアドバイスで大人っぽくイメチェンしたレイチェルはフィンを家に誘うことにも成功。

そしてその夜、レイチェルは厚化粧して、かなり大胆な格好でフィンを誘惑するが、そんなレイチェルに失望したフィンは『哀れな娼婦みたい。いつもの方がいい』と言われ結局なにも起こらずにフィンは立ち去ってしまう。

 

その事をカートに文句を言っている中で、カートにとってレイチェルは恋敵の立場のため、はめられたことに気づく。

しかし、フィンにはクインがいて二人の間に子供も生まれることもあるので、カートはレイチェルに諦めようと提案する。

 

テリーは焦っていた。

理由はクインが赤ちゃんを自分で育てたいと言い出したためであった。

なんとしても赤ちゃんが欲しいテリーは育児の大変さを理解させるため、姉の3人の子供のベビーシッターをさせることを提案した。

 

クインはベビーシッターに、パックを誘って2人で子守をすることに。

始めは慣れない子供の扱いで手を焼いていたが、パックがギターを弾きクインが『Papa Don’t Preach』を歌う。

 

Papa Don’t Preach

GLEE – Papa Don't Preach (Full Performance) HD

 

歌うクインとギターを弾くパックを3人はおとなしく見ていた。

そして無事に3人をお風呂にいれてさらに寝かしつけることも成功する。

 

これに驚いたのがテリーとテリーの姉だった。3人はかなりヤンチャなのであった。

そしてベビーシッターが楽しかったクイン。

ただ、パックがメールばかりしていたことは気になったが、パックと2人だったら子育てが出来ると思ったが、実はパックがメールをしていた相手はサンタナであった。

パックの携帯を確認するとそれは事実だった。

パックに失望したクインは、赤ちゃんには優しい父親が必要だとテリーに渡すことを再度決めた。

テリーを選んだ理由は父親になるのがウィルだからだった。

 

グリークラブでヘアー作戦を練習中のこと。

ジェーン・アダムス校を呼び公演会を開いたことで、地区大会の対戦校のもう1校デイトンろう学校のコーチからは不公平だと抗議され、デイトンろう学校とも講演会を開くことにする。

 

公演会で『Hair/Crazy In Love』7を歌い、ヘアー作戦を実行するニュー・ディレクションズ。

 

Hair/Crazy In Love

Glee – Hair / Crazy In Love

 

しかしこのパフォーマンスは酷いものであった。

 

さて、デイトンろう学校の生徒はなんと手話を使い、『Imagine』を一生懸命に歌う。

 

Imagine

GLEE – Imagine (Full Performance) HD

 

歌を真摯に楽しむその姿に感動したグリークラブのみんなは、一緒に歌を歌いはじめる。

その姿を見てウィルはニュー・ディレクションズにヘアー作戦は間違いであると認めた。

 

そして最後に座ったまま『True Colors』を歌う。

 

True Colors

 

ウィルは当初からヘアー作戦に反対していたスーに感謝し、相談役と信用して曲リストを渡すことにする。

しかし、見事にスーに裏切られてしまう。

スーはライバル校に曲リストを渡し、その曲を大会で歌うように説得し、大会ではニュー・ディレクションズが最後のパフォーマンスになるように根回しをしてグリークラブを潰しにかかってくる。

ニュー・ディレクションズはどうなることか?

 

 

シーズン1第11話の使用楽曲

第11話『究極の”ヘアー作戦”』で使用された楽曲を紹介します。

リンクを選択すると歌詞と原曲を紹介しています。

 

Bootylicious

Don’t Make Me Over

Papa Don’t Preach

Hair/Crazy In Love

Imagine

True Colors

 

 

【グリー】ドラマgleeのシーズン1で使用された全楽曲リストを紹介!
グリー【glee】シーズン1で使用されている楽曲をご紹介しま...

 

 

まとめ

ニュー・ディレクションズのあるべき姿を改めて発見できた回でした。

しかし、最後にスーを信じたウィルの大失敗で曲リストが対戦校に渡ってしまうという大ピンチに陥ってしまう。

今後はどうなっていくのでしょうか。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました