【glee(グリー)】シーズン1 第3話「彼らの名はアカフェラス」(ACAFELAS)のあらすじと曲紹介

スポンサーリンク

人気ドラマgleeのあらすじを紹介していきます。

 

第3話「彼らの名はアカフェラス」(ACAFELAS)

スポンサーリンク

前回テリーからマイホームの購入をやめると告げられ、バイトから解放されたウィルは赤ちゃんが産まれていることを楽しみにしている反面、自分が父親になるという不安感も抱いていた。

 

そんな心理状態のウィルにレイチェルからグリークラブのダンスの振り付けがダサイとダメ出しされた上、ライバル校で強敵のカーメル高校の振付師のダコタを雇って振り付けをしてもらおうと提案され、ウィルは自信を無くしてしまう。

 

実はこの提案はレイチェルの意思ではなく、前回加入してきたクインとサンタナ(チア部顧問のスーのスパイ)からの提案でもちろんグリークラブの内部崩壊のための提案であった。

 

そんな中、同僚で工作の教師であったアンリが事故で親指を失ってしまう。

落ち込むアンリを励ますためにサンディ、ケン、ハワードとケーキを食べ【For he’s a Jolly Good Fellow】を歌った。

 

For he’s a Jolly Good Fellow

Glee – This Is How We Do It; For He's a Jolly Good Fellow

 

 

この出来事が楽しかったウィルは、【アカフェラス】としてユニットを結成し【This is How We Do It】の歌とダンスを練習を行った。

 

そしてアカフェラスとしてステージで【Poison】を披露。

Poison

[GLEE] – Poison (Full Performance) HD

 

アカフェラスのパフォーマンスは好評で校長からPTA会議で披露することを頼まれるほどであった。

新聞にもアカフェラスの事が取り上げられ皆喜んだが、ハワードだけがコメントが無いことに落ち込みアカフェラスを脱退する事に。

さらにアンリはそのプレッシャーでシロップを飲みすぎて病院へ緊急搬送されていまい、その後リハビリ施設へ行くことになってしまったため脱退。

仲間に加わりたかったサンディはジョシュ・グローバンと友達だと言い張り、無理やりアカフェラスの一員になる。

 

すっかりアカフェラスでの活動に熱中してしまったウィルは、肝心のニュー・ディレクションズの指導に来なくなってしまっていた。

自分を半ば強引にグリークラブに引き込んだウィルのそんな対応に不満を感じていたフィンは、グリークラブを辞めようとするが、ウィルに説得されグリークラブを続けることになる。ついでにアカフェラスにも誘われてそちらにも参加することになった。

 

アメフト部のパックは彼女のサンタナから頭が悪く将来性がないという理由でフラれてしまう。

そこでパックは将来性を気にしないで済むという単純な理由からターゲットを熟女に変更し、熟女にモテるためにアカフェラスに参加することにする。

 

ハワードとアンリが抜けた穴に、サンディとフィン、パックが加わり5人となったアカフェラスで早速練習を開始。

 

場面が変わり、レイチェル達はカーメル高校のダコタを雇うために、わざわざカーメル高校まで会いに行く。

圧倒的なパフォーマンスで【Mercy】を歌うボーカルアドレナリンを目の当たりにする。

 

Mercy

GLEE "Mercy" (Full Performance)| From "Acafellas"

 

ダコタに直接話す機会を得たレイチェルたちはニュー・ディレクションズで雇いたい旨を伝えるがギャラが、1曲8千ドル必要だと言われてしまう。

なんとしてもダコタを雇いたいレイチェルたちは、費用を稼ぐために洗車イベントを開始する。

カートに想いを寄せたメルセデスが洗車イベント中に告白するも、カートはレイチェルが好きだと言われフラれてしまう。

フラれたことに怒ったメルセデスはカートの車の窓ガラスを割り【Bust Your Windows】を歌い出す。

 

Bust Your Windows

GLEE "Bust Your Windows" (Full Performance)| From "Acafellas"

車の窓ガラスを割ってしまったメルセデスは後日カートに謝罪することに。

その際にカートが実はゲイであり、その事を隠すためにレイチェルが好きだと嘘を付いたことを告白した。

 

無事に費用が集まったニュー・ディレクションズはダコタを雇い指導してもらうとこになったのだが、ダコタは言葉が汚い上に、独断でアーティーをクビにするという傍若無人っぷり。

そんなダコタにチア部以外のメンバーは激怒し、ダコタを追い出す。

 

だが、ダコタは暴言を吐きまくり、更にはアーティーを勝手にクビにしてしまう。

それに怒ったのが、チア部トリオ以外のメンバーでダコタをグリークラブから追放した。

 

また場面は変わりアカフェラス。

アカフェラスの5人は以前校長に頼まれていたPTA会議で【I Wanna Sex You Up】を披露。

 

I Wanna Sex You Up

[GLEE] – I Wanna Sex You Up (Full Performance) HD

 

見事なパフォーマンスで、アカフェラスとして充実し楽しかったウィルであったが、自分は教師なんだと気づき、グリークラブの集中するためアカフェラスの活動を休止する。

ウィルは再びニュー・ディレクションズに戻り指導することに。

ダコタの一見で懲りたレイチェル達もウィルが戻ったことを喜んでニュー・ディレクションズとして練習を再スタート。

無事にグリークラブのメンバーと指導者の絆を再確認できたニュー・ディレクションズの内部崩壊というスーの作戦は失敗の終わった。

 

 

シーズン1第3話の使用楽曲

第3話『彼らの名はアカフェラス』で使用された楽曲を紹介します。

リンクを選択すると歌詞と原曲を紹介しています。

 

For he’s a Jolly Good Fellow

This is How We Do It

Poison

Mercy

Bust Your Windows

I Wanna Sex You Up

 

 

【グリー】ドラマgleeのシーズン1で使用された全楽曲リストを紹介!
グリー【glee】シーズン1で使用されている楽曲をご紹介しま...

 

 

 

 

まとめ

第3話のあらすじをまとめてみました。

アカフェラスというウィルが自分がパフォーマンス出来る喜びに気づき、夢中になっていきましたが、最終的には自分は教師なんだとニュー・ディレクションズに戻ってきたことでホッとしましたね。

第4話「カートの告白」(PREGGERS)

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました