【映画】『31年目の夫婦げんか』ネタバレ含む感想とあらすじ紹介

スポンサーリンク

2012年に公開されたアメリカの映画『31年目の夫婦げんか』を最近になってAmazonプライムで視聴したので、その感想について紹介します。

ネタバレを多く含むためご注意下さい。

映画『31年目の夫婦げんか』予告編


31年目の夫婦げんかキャスト

監督:デヴィッド・フランケル

出演:ケイ・ソームズ役:メリル・ストリープ、アーノルド・ソームズ役:トミー・リー・ジョーンズ、バーナード・フェルド医師役:スティーヴ・カレルら豪華俳優陣が演じています。

 

あらすじ

スポンサーリンク

結婚31年目を迎えた夫婦の関係はマンネリ化し冷め切っていた。状況を改善したい妻ケイと今の生活に不満は無く、現状維持で問題ないと思っている夫のアーノルド。

ある日書店で手にした本をきっかけにカップルカウンセリングを知ったケイがアーノルドに黙って思い切ってプログラムに応募するところから物語がスタートする。

カウンセラーのフェルド医師の力を借り、夫婦間の様々な問題点や2人の心の奥深くにある本当の感情に徐々に気づき本当の愛ある夫婦生活を取り戻すまでの作品となっている。

 

ストーリー

物語の始まり

結婚31年目を迎えたアーノルドとケイ夫婦。

子供は大人になり、家から巣立ち夫婦2人の生活を送っていたが、毎日毎日同じルーティンの繰り返しでマンネリ化した夫婦関係は冷え切ったものになっていた。寝室も別々の生活が長く続いたある夜思い切って妻ケイから誘ってみるものの夫アーノルドは乗り気では無く理由を付けて誘いを断る。

そんなアーノルドの反応に夫はすでに自分への関心が消えうせたと感じ、強い孤独感を感じるケイ。

冷え切った結婚生活をなんとか改善したいと思ったケイはある日書店で手にした本をきっかけにフェルド医師に共感し、同氏が行うカップルカウンセリングを知った。

なんとしても夫婦関係を改善したいケイは独断で高額な「カップルカウンセリング集中コース」を受けることを決意。

ケイからそのことを聞いたアーノルドは猛反対したが、ケイの意志は固く、1人でも行くと言うケイ。そして会社の同僚から夫婦生活についてのアドバイスを受けたアーノルドは根負けし、仕方なくケイに同行することにした。

フェルド医師とのカウンセリング開始

そんなこんなで夫婦揃ってフェルト医師のカウンセリングを受け事となった。

が、アーノルドはカウンセリング中もフェルド医師のことをペテン師呼ばわりし、カウンセリングに真面目に向き合わず文句ばかり。

翌日のカウンセリングで2人が出会った経緯をフェルド医師に話し、そして夫婦の性生活が無くなったきっかけを話すことに。

きっかけはアーノルドが腰を痛めてから、寝室を別にしたことから一緒に寝ることが無くなってしまった。

そんな2人の話を聞いたフェルト医師は2人に課題を与える。

それは『抱き合って眠る(ただただ抱きあうだけ)』ことだったが、当然アーノルドは猛反対。しかし、結局やらなければならないくなり2人は一緒に眠ることに。

しかし、アーノルドは猛反対し課題などと言って文句ばかり。そんな状況に耐えられなくなったケイは泣いて、一人でどこかに行ってしまう。

ケイを追いかけることが出来ず2人はそれぞれ街で1人の時間を過ごすことに、ケイはお酒を飲みながら店員に励まされ心を落ち着かせる。アーノルドは途方に暮れつつも博物館?のような店で時間を潰す。

ホテルに戻ってきた二人は、課題を実行しようとする。

抱き合う時、非常にぎこちない感じが2人の夫婦関係の冷え込み具合を表現していた。

しかし、朝を迎えるとアーノルドの腕の中で目が覚めたケイのご満悦の表情。

2人の心の距離が少し近づいたのか、翌日のカウンセリング中は2人は笑顔がくっついて座っていた。

そんな中フェルド医師は、二人にセックスをしている時の体位やプレイ内容やそれぞれどんな時が一番興奮したのか、どんな事を妄想するのかも聞いてきます。

ケイは、妄想はあまりしなかったが、昔は一人でしていましたが、現在はしなくなっていました。アーノルドは、近所のキャロルと3人でやってみたかったり、デスクの下でケイにしてほしいなどの妄想をした事がありました。

そしてフェルド医師が出した次の課題は、お互いに愛撫をしあうことだった。

ケイがアーノルドに対ししていたが、アーノルドが途中でやめて欲しいと言って終わることに。

その晩、モヤモヤが溜まったケイは一人で自慰をし、その声を聞いて、アーノルドは眠れない様子だった。

翌日のカウンセリングで当然フェルド医師は原因を事細かに聞き出そうとしますが、アーノルドは理由を言わず怒鳴って出て行ってしまう。

この状況を見てもう無理だと判断し帰る準備をして落ち込んでるケイから話しを聞いたアーノルドはカウンセリングを続けることを決心する。

翌日のカウンセリングでは2人が互いに思っている不満をぶつけることになり、その小さなきっかけがお互いを拒絶する関係の原因だったことをが判明。

フェルド医師は荒療治が必要だと告げられる。

2人は映画館に行って、言われた通りオーラルセックスをしようと試みるがケイが上手く出来ずにその場から逃げてしまう。

絶望したケイにフェルド医師は、エッチが上手くなる本を紹介します。

そして、アーノルドには、ケイに対して出来る事はそれが本当に全力なのか?手は全て尽くしたのかどうか問いかけます。

そこでアーノルドは豪華はホテルに部屋を取り、レストランでのディナーを用意する。普段とは違ったゴージャスな雰囲気のディナーで2人の会話も弾み、そのままいいムードで部屋までたどり着く。

盛り上がった二人は激しく愛し合います。しかし、いつも目をつぶってしまっているアーノルドに、ケイは『私を見て』と頼む。しかし目を開けたアーノルドはそこで萎えてしまい、その事を察したケイはショックを受ける。

大失敗にも関わらずフェルド医師は前進したと褒めてくれる。

集中カウンセリングが終わってしまい自宅に帰ってもそこで通える医師を紹介するから諦めないでと2人を励ます。

自宅へ帰り、以前と同じ生活に戻ったが、ケイは結婚生活を続けていく自信を失くしていた。家を出ようと荷造りをしていた。

アーノルドもケイの部屋の前まで来るがあと一息の勇気が出ず、自身の部屋に入っていく。

しかし、しばらくした後、アーノルドはケイの部屋を訪れ二人は昔のように深く愛し合った。

翌朝も今まで通りの日常と思いきや情熱を取り戻したアーノルドとケイは熱いキスを交わす。そのまま鞄を忘れたまま出社しようとしたところをケイが追いかけれ鞄を手渡すと

外に出ると、アーノルドの妄想に出てきたキャロルが声をかけてきます。キャロルを家に招待することにします。しかし、ケイは3人でするのは無しだと冗談を言います。

2人はケイの希望だった2度目の結婚式をビーチで挙げ、そこには家族とフェルド医師の姿もあり、2人はお互いを思いやり、努力をして残りの人生をともに歩むことを誓った。

 

感想

豪華キャストが描く、老年の夫婦間の深刻な問題というテーマを取り扱った作品でした。

徐々に異性として女性を見れなくなっていく男性といつまでも女として扱ってほしい女性という年月と共に乖離している理想と現実がある中でよりよい人生を送るためにはどうすればいいのかという参考になる映画だったと思います。

メリル・ストリープとトミー・リー・ジョーンズの大スターが演じるぎこちない夫婦がなんとも愛おしくなる内容でした。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました