【鬼滅の刃】体に浮かび上がる痣に隠された秘密!ネタバレ注意

スポンサーリンク

鬼滅の刃において痣は紋様のようなものが浮かびあがり、飛躍的に能力が向上します。

鬼殺隊の宿敵である鬼。この鬼のなかでも上位の強さを持つ上弦の鬼は鬼殺隊の柱3人分に匹敵する力を有しており、昔から上弦の鬼によって柱も敗れていました。

 

そのため鬼殺隊が上弦の鬼を倒し鬼舞辻無惨を倒すにはこの痣の出現が絶対条件となっています。

 

鬼殺隊について

十二鬼月について

 

痣とは

先述したとおり鬼滅の刃における痣とは体のどこかに浮かび上がる紋様のようなもの

痣について

©吾峠呼世晴/集英社

 

鬼滅の刃|痣がもう出てるのは誰? - Alwofnce

©吾峠呼世晴/集英社

 

身体をぶつけて出来る痣とはことなり、特定の条件を満たすことでこの痣が発現します。

 

 

痣が発現する条件

スポンサーリンク

鬼滅の刃の中で最強の剣士であり、始まりの呼吸の使い手であった継国縁壱(つぎくによりいち)には生まれながらに痣があった。

そして縁壱が成長し鬼殺隊として活動する内に周りの剣士にも伝搬するように痣が発現します。

 

痣の伝染

©吾峠呼世晴/集英社

 

そして、痣が発現する際の条件が2つ物語上で霞柱の時任無一郎によって考察されていました。そそれが【①体温39度以上②心拍数200以上】これが条件になっています。

ただしこの条件はおよそ人間が生きられる状態ではないため、この状態に耐えられる者のみが痣の発現につなげられるため痣をもった鬼殺隊が少ないのがこのため。

 

 

痣が発現すると能力が向上する

痣が発現した隊士は身体能力が飛躍的向上します。

鬼殺隊の柱3人分の力があるといわれる上弦の鬼の強さの前にそれぞれの柱は苦戦を強いられてる状況が続き追い込まれることで痣の出現につなげていきました。

 

痣の出現

©吾峠呼世晴/集英社

 

痣の出現によるデメリット

鬼と戦う鬼殺隊にとっては身体能力の向上につながる痣の出現は欠かせない要素であったが、痣の出現によるデメリットもあります。

 

25歳までに命を落とす

痣が発現する条件の【①体温39度以上②心拍数200以上】はいくら柱といえども体への負担は計りしれないもので、上弦の壱(黒死牟=継国厳勝)が悲鳴嶼に対して、『痣が発現して力が向上できても、所詮それは寿命の前借りに過ぎない。』と言っていました。

 

痣の発現、その状態からの戦闘には莫大なエネルギーを消費することから短命になることだと思われます。

 

ただし例外もありました。

それが始まりの呼吸の剣士である継国縁壱であった。

継国縁壱

©吾峠呼世晴/集英社

 

先述しましたが、縁壱は生まれながらに痣があったため途中から痣が発現した他の柱たちとは条件が異なるのかもしれません。

 

また炭治郎は末っ子が火鉢を倒して慌てて庇った時にできた痣という事だそうですが、途中からその痣が変化しています。

 

当初の痣(単行本1巻)

鬼滅の刃 1

©吾峠呼世晴/集英社

 

そして「最終選別」の中では対峙した鬼の打撃を受けて倒れ込み、その時額から流血したことから額の痣が変化しています。↓

 

(単行本2巻)

鬼滅の刃 2

©吾峠呼世晴/集英社

 

また戦闘中に痣が濃くなったり紋様が広がったりと炭治郎の痣は変化しています。

ヒノカミ神楽(日の呼吸)を扱える炭次郎なので25歳を超えても生きていける例外の存在なのかもしれません。

 

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました