【スラムダンク】各キャラのモデルになったNBAの選手が存在する!?

スポンサーリンク

日本で一番有名なバスケットマンガといえば【スラムダンク】という方は非常に多いのではないでしょうか?

1990年代に日本ではあまりメジャーでは無かったバスケットを一躍人気スポーツに押し上げたのがこのスラムダンクです。

スラムダンクには主人公のチームである湘北高校はもちろん相手高校にも魅力的なキャラが多く、それぞれのチームに顔となる選手がいることも魅力の1つです。

そんな各キャラ達に実はモデルとなるNBAの選手がいたようです。

30年以上も前に連載したマンガのため、現役でプレーしている選手はいませんが、名前を聞いたことがある選手がいると思います。

 

スラムダンクのモデルとなった選手

モデルとなった選手については作者が名言している訳ではありませんが、プレースタイルや雰囲気などから参考になっていると思われる選手やネット上で噂になっている選手たちを紹介します。

 

 

 

桜木花道【チャールズ・バークレー】

チャールズ・バークレー

 

名前チャールズ・ウェイド・バークレー
生年月日1963年2月20日
プレー期間1984-2000
No34(シクサーズ永久欠番、サンズ永久欠番)
出身地アラバマ州
身長198cm
体重115-125kg
ポジションPF(パワーフォワード)

 

桜木といえばリバウンドと赤い坊主頭のド派手なキャラで、ネット上ではデニス・ロッドマンが最有力だという見方が多かったのですが、作者の井上氏は否定しており『どちらかと言えばバークレ』だと名言しているようです。

 

流川楓【マイケル・ジョーダン】

マイケル・ジョーダン

名前マイケル・ジェフリー・ジョーダン
生年月日1963年2月17日
プレー期間1984-1998
No23(ブルズ永久欠番、ヒート永久欠番)
出身地ニューヨーク州
身長198cm
体重98kg
ポジションSG(スモールフォワード)

 

湘北高校のスーパールーキー流川のモデルとなったのは、バスケの神様と言われたマイケル・ジョーダン。バスケをあまり知らない人でもこの名前は聞いたことがあるでしょう。

ナイキの人気のモデルエアージョーダンのこの人が元になっています。

流川同様に極度の負けず嫌いで、試合中に流川が見せるスーパープレーを現実に再現していた超人です。

 

 

宮城リョータ【ケビン・ジョンソン】

ケビン・ジョンソン

名前ケビン・ジョンソン
生年月日1966年3月4日
プレー期間1987-2000
No7(サンズ永久欠番)
出身地カリフォルニア州
身長185cm
体重86kg
ポジションPG(ポイントガード)

 

湘北のスピードスター宮城のモデルとなったのは、ケビン・ジョンソン。

185㎝とNBAでは小柄ながらもそのスピードを武器に活躍した選手。

小柄・スピード・髪型と宮城を彷彿とさせる選手です。

 

 

赤木剛憲【デビッド・ロビンソン】

デビッド・ロビンソン

名前デビッド・ロビンソン
生年月日1965年8月6日
プレー期間1989-2003
No50(スパーズ永久欠番)
出身地フロリダ州
身長216cm
体重113kg
ポジションC(センター)

 

湘北高校バスケ部のキャプテン赤木。 そのモデルとなったのが、デビッド・ロビンソン。

恵まれた体と筋肉が物語るパワーやダンクなどはまさに赤木そのものですね。

ちなみにロビンソンは1990年代を席捲した名センターで、ニューヨーク・ニックスのパトリック・ユーイングがライバルでした。

スラムダンクで赤木とライバル関係にあるのはキャラの答えは出そうですね。

 

 

三井寿【マーク・プライス】

マーク・プライス

名前マーク・プライス
生年月日1964年2月15日
プレー期間1986-1998
No25(キャバリアーズ永久欠番)
出身地オクラホマ州
身長183cm
体重81kg
ポジションPG

 

三井寿の代名詞3Pシュートを武器としたNBAプレーヤーのマーク・プライス。

今では3Pシュートは主流の戦術となり、アウトサイドシュート主体の戦術が多くなりましたが、当時はインサイドプレー中心であったため、3Pシューターは脅威の存在でした。

 

 

小暮公延【ジョン・パクソン】

ジョン・パクソン

名前ジョン・パクソン
生年月日1960年9月29日
プレー期間1983-1994
No5
出身地オハイオ州
身長188cm
体重84kg
ポジションPG(ポイントガード)

 

赤木と同じ3年の小暮。 あまり試合に出場することはありませんが、陵南戦では値千金の3Pを決めるなど、大きな見せ場を作りました。

そんな彼のモデルはジョン・パクソンでマイケルジョーダンのチームメイトでした。

そして小暮のようにシカゴブルズ最初の3連覇を決めた決勝3ポイントシュートはパクソンが決めています。

 

 

魚住純【パトリック・ユーイング】

パトリック・ユーイング

名前パトリック・ユーイング
生年月日1962年8月5日
プレー期間1985-2002
No33(ニックス永久欠番)
出身地ジャマイカ サリー郡キングストン
身長213cm
体重115kg
ポジションC(センター)

 

湘北高校のライバル校の陵南 そこでキャプテンを務め赤木とライバル関係にある魚住のモデルはもちろんパトリック・ユーイング。

魚住のイメージとしてはデイフェンス型のような描写で、このユーイングもディフェンシブな選手でした。

 

 

仙道彰【JUN】

JUN

名前鈴木淳
生年月日1976年10月13日
No7
出身地神奈川県
身長190cm
体重78kg

 

天才仙道のモデルとなったのは以外にも日本人。そして、ストリートバスケの選手ストリートボーラ―のようです。

仙道と同じく、そのバスケットセンスはピカイチであったようです。

 

 

福田 吉兆【ラトレル・スプリーウェル】

ラトレル・スプリーウェル

名前ラトレル・スプリーウェル
生年月日1970年9月8日
プレー期間1992-2005
No8 15
出身地ウィスコンシン州
身長196cm
体重88kg
ポジションSG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)

 

オフェンスの鬼の福田のモデルはラトレル・スプリーウェル。

福田のように無名から這い上がりし、そのオフェンス力で活躍しました。

 

 

牧紳一【マジック・ジョンソン】

マジック・ジョンソン

名前アーヴィン・マジック・ジョンソン・ジュニア
生年月日1959年8月14日
プレー期間1979-1991、1996
No32(レイカーズ永久欠番)
出身地ミシガン州
身長206cm
体重105kg
ポジションPG(ポイントガード)

 

神奈川No.1プレーヤー牧のモデルはマジック・ジョンソン。

身長206㎝ながらもポジションはPGとして、牧と同様に高い得点力とパスワークを誇り間違いなくNBA歴史に残るPGの1人といえます。

 

 

神宗一郎【レジー・ミラー】

レジ―・ミラー

名前レジー・ミラー
生年月日1965年8月24日
プレー期間1987-2005
No31(ペイサーズ永久欠番)
出身地カリフォルニア州
身長201cm
体重88kg
ポジションSG(シューティングガード)

 

海南大付属の3Pシューター神のモデルはレジー・ミラー。

NBA史上に残る3Pの名手ですが、神と同じくNBAの世界では体が細く方でした。

また湘北のマネージャーのアヤコが神のシュートにゾクっとしたように華麗なシュートフォームを持っていました。

 

 

清田信長【ショーン・ケンプ】

ショーン・ケンプ

名前ショーン・ケンプ
生年月日1969年11月26日
プレー期間1989-2003
No40 4
出身地インディアナ州
身長208cm
体重104kg
ポジションPF(パワーフォワード)

 

超名門海南大付属にあって1年でレギュラーを掴んだ清田のモデルはショーン・ケンプ。

レインマンの異名をとるほどダンクを決める身体能力が高い選手で、まさに清田のような選手。

清田と流川の構図はショーン・ケンプとマイケル・ジョーダンの関係によく似ていると思われます。

 

 

藤真健司【ラリー・バード】

ラリー・バード

名前ラリー・バード
生年月日1956年12月7日
プレー期間1978-1992
No33(セルティックス永久欠番)
出身地インディアナ州
身長206cm
体重100kg
ポジションSF(スモールフォワード)

 

翔陽高校の監督兼任プレーヤーの藤真のモデルがラリー・バード。

牧のモデルとなったマジック・ジョンソンと学生時代からライバル関係であったため作中でも牧と藤真のライバル関係が構築されているようです。

主なポジションはSFとなっていますが、牧とのライバル関係を優先させてのモデル起用ではないでしょうか。

 

 

花形透【アキーム・オラジュワン】

アキーム・オラジュワン

名前アキ―ム・オラジュワン
生年月日1963年1月21日
プレー期間1984-2002
No34(ロケッツ永久欠番)
出身地ナイジェリア ナゴス州
身長213cm
体重115kg
ポジションC(センター)

 

翔陽のCを務め藤真が監督時にコート内でチームを引っ張るのが花形、彼のモデルになったのがアキ―ム・オラジュワンです。

花形と言えば柔のセンターとしてフェイダウェイジャンプシュートを決めたことが印象できですが、アキ―ムも花形に非常によくにたプレースタイルでした。

 

 

沢北栄治【アンファニー・ハーダウェイ】

アンファニー・ハーダウェイ

名前アンファニー・ハーダウェイ
生年月日1971年7月18日
プレー期間1993-2008
No1 7
出身地テネシー州
身長201cm
体重99kg
ポジションSG(シューティングガード)

 

天才仙道でも勝てなかった日本No.1の沢北のモデルはペニーの愛称を持つアンファニー・ハーダウェイ。

プレースタイル、選手像、髪型どれをとっても沢北はペニーから来ていることでしょう。

ペニーもマイケルジョーダン級のスーパースターになるはずでしたが、膝のケガのため全盛期はあっという間に終わってしまった悲劇の天才。

 

 

河田雅史【クラレンス・ウェザースプーン】

クラレンス・ウェザースプーン

名前クラレンス・ウェザースプーン
生年月日1970年9月8日
プレー期間1992-2005
No30 35
出身地ミシシッピ州
身長198cm
体重98kg
ポジションPF(パワーフォワード)

 

山王工業のメンバーで赤木を完璧なまでに封じ込めた河田(兄)のモデルはクラレンス・ウェザースプーン。

画像を見るとマンガの中の河田その物。筋肉隆々の肉体と顔からは赤木が抑え込まれたあの絶望感が蘇る程そっくりになっています。

 

 

 

まとめ

漫画スラムダンクに登場するキャラのモデルとなったであろう人物を紹介してきました。

作者の井上氏は名言していないので、憶測の域は出ませんが、ビジュアルやプレースタイルなど共通点も多く、作中の随所にNBAのプレーの1シーンを取り入れている同作品なのでキャラの参考にされたのではないかと思います。

 

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました