エヴァンゲリヲン新劇場版『序』のあらすじをおさらい 新作公開前に見直し

スポンサーリンク

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の最終作、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開が延期となってしまいました。

残念な発表ですが、公開を待つ間に過去の劇場版3作品をおさらいしておきたいと思います。

まずはシリーズ第1作目となったエヴァンゲリヲン新劇場版『序』のあらすじをまとめています。

 

エヴァンゲリヲン新劇場版とは

スポンサーリンク

エヴァンゲリオンは元々1995年~1996年にかけてテレビ放映された『新世紀エヴァンゲリオン』というもの。

放映当時は人気がなかったものの、放映終了後にそのストーリーの展開や独特な表現が話題となり一台ブームを起こしました。

そんな『新世紀エヴァンゲリオン』を2006年にテレビシリーズを再構築(リビルド)した全4部作となる『エヴァンゲリヲン新劇場版』として制作されることが発表されました。

そして2007年に第1弾『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』 2009年に『エヴァンゲリヲン新劇場版:破』 2012年に『エヴァンゲリヲン新劇場版:Q』が公開され大きな話題となりました。

そしてシリーズ最終作『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』は現在公開日を様々な要因から延期が続いておりますが、近日公開予定となっています。

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

【公式】ダイジェスト これまでの『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

エヴァンゲリヲン新劇場版『序』はTVシリーズに沿ったストーリーで展開され、第6の使徒までを描いています。

 

エヴァンゲリヲン新劇場版:序 あらすじ

【公開】 2007年

舞台となるのは人類の大半が滅んだ【セカンドインパクト】発生から15年後の日本。主人公・碇シンジは数年ぶりに父親の碇ゲンドウに呼び出され、特別非常事態宣言発令中の第3新東京市へやってきましたが、軍と第4の使徒の戦闘に巻き込まれますが、シンジを迎えにきた葛城ミサトになんとか救われます。

エヴァンゲリオン 新劇場版 序』はTVシリーズとどこが違う?徹底的に ...

©カラー

 

そしてミサトによってある施設へと連れて行かれます。

そこが国連直属の特務機関「NERV」であり、父ゲンドウはNERVの最高司令官であることを明かされます。

使徒と呼ばれる人類の敵に唯一対抗出来るのが、汎用ヒト型決戦兵器【エヴァンゲリオン】であり、ゲンドウはシンジをエヴァンゲリオン初号機のパイロットにするために呼び出したのでした。

当然、見たことも聞いたこともない兵器にいきなり乗れと言われても拒み続けるシンジに見切りをつけ、ゲンドウはもう1人のパイロットである綾波レイを乗せ出撃させるよう指令を変更しました。

連れてこられたレイは重傷で立つことも困難な状態にも関わらず、エヴァに乗ろうとする姿を見てシンジはエヴァに乗ることを決意。

 

初めて搭乗したにも関わらず、なんとか動かすことが出来たがとても戦闘出来る状態ではなく一方的に使途にやられてしまう。人と機体の神経がリンクしているエヴァで一方的にやられたことで意識を失うシンジ。

そんな中突然エヴァが暴走し、圧倒的な力で今度は使途を一方的圧倒し最後は使途がエヴァを巻き込み自爆しますが初号機を破ることは出来ず、勝利を挙げました。

 

見事使徒殲滅という大役を果たしたシンジは転校した先の第3新東京市の中学校で妹が戦闘に巻き込まれたと鈴原トウジの逆恨みを受けて殴られてしまいます。

シンジはボソっと『乗りたくて乗ってるわけじゃない』となんとも切ないセリフ。

そんな中、第5の使徒との戦闘になりシンジはまた初号機に乗り使徒殲滅へと出撃しました。

使徒”シャムシエル (SHAMSHEL)” : ”使徒”襲来は現実?エヴァのファンに聞きたい!「これって、使徒ですか?」 - NAVER まとめ

©カラー

 

トウジ達は学校のシェルターで避難していましたが、使徒とエヴァの戦闘が気になる相田ケンスケがトウジを誘い、戦闘のすぐそばまで出てきてしまい巻き込まれそうになりましたが、シンジが2人をエヴァの中に避難させました。

そしてミサトから撤退命令が下りますが、それを無視して活動限界ギリギリのところで使徒に勝利します。そんなシンジの鬼気迫る姿に背負っているものの大きさをしったトウジはシンジに謝り、良き友人となりました。

 

その後さらに新たな第6の使徒が現れ、初号機で迎え撃ったシンジは地上へ射出と同時に遠距離から狙撃されて負傷してしまいます。

第6の使徒 (だいろくのしと)とは【ピクシブ百科事典】

©カラー

 

使徒達の目的はNERV本部地下に磔になっている使徒「リリス」と接触し、セカンドインパクト同様の災害「サードインパクト」であることが判明。

先の戦闘の負傷により恐怖を覚えて初号機への搭乗を拒むシンジ。

しかし使徒の目的を聞き、説得され再び初号機に乗ることを受け入れ、レイが搭乗するエヴァ零号機と共に、使徒を超電磁砲で遠距離から狙撃するヤシマ作戦に参加することに同意しました。

そして出撃前にシンジはレイにエヴァに乗ることについての言葉を交わし、シンジに『あなたは死なないわ、私が守るもの』と言葉を投げかけます。

 

日本中の電力を集中させて打った1度目の電磁法が使徒のコアを射抜けず、反撃されたシンジは再び恐怖に怯えますが気を保ち、2度目を撃つため電気が貯まるのを待ちます。

そんな中再び初号機を狙ってきた使徒の攻撃に対しレイが零号機で捨て身で盾の代わりとなりシンジを守ります。

零号機とレイがギリギリのタイミングで、シンジは今度こそ使徒を撃ち抜くことに成功し、第6の使徒を殲滅したのでした。

シンジがレイに駆け寄り、生きていたことや自分を守ってくれたことなどの感情から涙します。

レイは『ごめんなさい。こういう時にどうしたらいいか分からないの』と困惑しますが、シンジは『笑えばいいと思うよ』と声をかけ、微笑みかけレイも微笑み返すというエヴァの中でも名シーンの1つ。

貴重な綾波レイの笑顔 | 綾波, ウサギのイラスト, エヴァンゲリオン イラスト

©カラー

 

一方その頃月では、渚カヲルが目を覚ましていたのです。

 

 

まとめ

エヴァンゲリヲン新劇場版としてリビルドされた新劇場版シリーズの第1作目である『序』

TV版を高画質な映像で作り変えてあり見ごたえがある内容でした。

シンジがレイを救出後に『笑えばいいと思うよ』のセリフ後のレイの表情も神秘的で新たなファンを獲得できたのではないでしょうか?

 

新劇場版エヴァンゲリヲンの序・破・Qは今ならAmazonプライム会員の方なら無料で視聴出来ますので、お見逃しなく

Amazon Prime Videoに会員登録する

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました