【ネタバレ注意】式波アスカは実はクローンだった!?シン・エヴァンゲリオンで明らかになった衝撃の事実

スポンサーリンク

【シン・エヴァンゲリオン劇場版】でエヴァンゲリオンの新劇場版は幕を迎えましたが、同作品の中でも人気の高いアスカについて衝撃の事実が明らかにました。

このアスカについての衝撃の事実について紹介します。

※ネタバレも多く含んでいますので、閲覧にはご注意下さい。

 

式波・アスカ・ラングレーはクローンだった

kousiki6_20110601014414.jpg

出典:https://www.evangelion.co.jp/

 

新劇場版で登場したアスカは旧作を知っているファンからしたら、名前に大きな謎をもったことだと思います。

旧作(アニメ・旧劇場版)でのアスカの名前は惣流・アスカ・ラングレーであったが、新劇場版からはいきなり式波・アスカ・ラングレーとして何も語られることなく名前が変更されて登場しました。

新劇場版については、旧作とはまた異なった世界線として描かれているとの考察もあり、旧劇場版の世界からの続きやパラレルワールド説もありますが、明らかにアスカの名前には謎が多く隠されていると考えられてきました。

そして、最新作であり最終章の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でその謎が明らかになりました。

それは、新劇場版で登場する式波・アスカ・ラングレー『式波シリーズ』のクローンだったと明らかになったのです。

 

では、いったいいつからクローンだったのか?

それは明言されてはいませんが、おそらく新劇場版の初登場時から『式波・アスカ・ラングレー』という名で登場しているため、新劇場版の初めからクローンだったと考えられます。

 

 

名前に『波』が付くとクローン説

エヴァでクローンと考えると真っ先に綾波レイが思いつくと思います。

綾波レイは碇ユイ(シンジの母親)を元にゲンドウが作り出したクローンであることはすでに公開されている通りです。

そして、クローンで複製された人間はシンジに惹かれるようにプログラムもされているようで、アニメ版では加持リョウジに好意を抱いていたアスカでしたが、新劇場版ではその素振りはカットされて、シンジといい感じで描かれていました。

 

さらに名前に『波』が付くキャラがもう一人『真希波・マリ・イラストリア』がいます。

彼女については、クローンではなくオリジナルではないかと噂されていますが、真相は不明なままですが、シン・エヴァンゲリオン劇場版の最後ではまさかのシンジといい関係になっていたことからクローン説も否定は出来ないと思います。

真希波・マリ・イラストリアについてはこちらでも考察しています。

 

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版でオリジナル(惣流)も登場している?

スポンサーリンク

シン・エヴァンゲリオン劇場版では2号機にオリジナル(惣流)のアスカが現れて、クローン(式波)のアスカを抱きしめるシーンがありました。

そのため、新劇場版でもオリジナル(惣流)のアスカは魂の状態で存在していたことになります。

また、ラストに浜辺でシンジと会話をしていたアスカもオリジナルだったと思います。

その理由は、使徒に浸食されて以来ずっと着用していた眼帯をしていないことや新劇場版の途中からプラグスーツの袖が白いものを使用していたが、最後は袖も赤いプラグスーツを着用しており、旧劇場版のラストのようなボロボロの状態だったため。

旧劇場版のラストシーンもシンジとアスカが2人浜辺にいるシーンでした。

旧劇場版からの繋がりが無かったとした場合は、先述したオリジナルがクローンを抱きしめた際に、記憶が全て映ったのではないかと思われます。

そのため、オリジナルのアスカとしての記憶を取り戻したとも考えられそうです。

 

 

ケンスケとの関係

そしてファンの多くが失望してしまったのが、このケンスケとの関係性ではないでしょうか?

 

 

ケンスケはこのキャラ↓

アスカ声優「いきなりケンケンと親密になってびっくりした。シンジと結ばれると思ってた。アスカかわいそう」 宮村優子 ケンアス アスカNTR ヒモ シンエヴァ

©カラー

 

ラストではエヴァパイロットそれぞれのカップルのような関係性が出来上がりました。

シンジとマリ、カヲルとレイ、そしてアスカは1人。

しかし、アスカはシンジがアスカのエントリープラグを射出させる際に『ケンスケによろしく』と言って分かれており、プラグがケンスケの家の前に届いていました。

そもそも第3村にいた時からアスカはケンスケの『ケンケン』と呼んでおり、親密な関係であった可能性を含ませていました。

明言されてはいませんが、ケンケン呼びやプラグの付いた先がケンスケの家の前ということを考えると2人の関係性の高さが伺えます。

ただ、エヴァの中でも屈指の人気だったアスカと脇役も脇役だったケンスケとの関係にファンからのショックも高かったことでしょう。

 

まとめ

エヴァシリーズを通して人気が高かったアスカがですが、新劇場版では名前や性格の違いの謎も多くありましたが、最終章でうまく回収されました。

結末に是非もあるかと思いますが、エヴァという作品が完結したことは良かったのではないかと思います。

 

 

Amazonプライムビデオでエヴァンゲリヲン視聴する【公式サイト】

 

 

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました